吸収糸のリフト術 | ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

ももスキンケアクリニック院長ブログ:一期一会

 ももスキンケアクリニックは、岡山県岡山市の美容皮膚科クリニックです。
 このブログを通じて、院長自身の言葉で、美容皮膚科の現在をお伝えしていきたいと思います。

 本日の外来では、近隣の美容外科で糸のリフトを受けられた、60代後半の方が来院されました。

 

 本人の希望は口周りの加齢性萎縮の改善なのですが、何故かそのクリニックの医師は吸収糸によるリフト術を提案してきたとの事。

 

 当然、治療が上手くいくはずもなく、当院で血小板療法にトライしてもらう事になりました。(当院では萎縮の進行してきたご年配の方に対し、ヒアルロン酸をお勧めしていません)

 

 支持組織の衰えによる下垂症状が強ければ、糸や手術による治療は効果的ですが、萎縮性変化が主体であれば、注入剤や脂肪注入、血小板療法などが優先されるはずです。

 

 非吸収糸に比べると、吸収糸のリフト術には、中々良いイメージが持てないです。

 

 福田