新聞等でもご存知かと思いますが、派遣法規制強化案が検討されています。
改正案ポイントは、次の通りです。

・30日以内の派遣の禁止
 →つまり、単発や短期でのお仕事ができなくなる?!
・専門業務以外の登録型派遣の禁止
 →つまり、登録型派遣で対応できるお仕事が少なくなる?!


女性の働き方は、結婚後や、ご家庭の事情など、何かとライフイベントに
左右されやすいですよね。

たとえば、単発で仕事してもらっている派遣スタッフさんの生活背景は、
・お子さんの夏休みなどの長期休暇にはお休みしたい
・正社員やフルタイムでの仕事に就くために就職活動している間に
 少しでも生活費の補填にしたい
・ご家族に介護しないといけない方がいて、不定期に病院付き添いや
 自宅でケアをしないといけない
・不妊治療中で毎日は働けないし、お子さんができると仕事できないかもしれない
・自営業をしているが、まだ始めたばかりなので生活が不安定
・生活背景が変わって、まだ働き方が決まっていない
・・・・

などといった長期の仕事への就職や定期的に働きたい希望をお持ちですが
一時的にこういった働き方を選んでいる方も多いのです。


スタッフの方々からの
「子供がやっと出来ました!」
「子供が3歳になったら、またお願いします」
「就職先が決まりました、ありがとうございます!」
「夏休みが終わったら、またお願いします。冬休みの家計の足しを稼ぎます」
「介護しながら働ける場所なんて無いと諦めてました、非常に嬉しいです」

という声や、
お客様からの
「急な仕事が入り、人手が足りず助かりました」
「繁忙期だけのお仕事なので長期で人を抱えるわけにもいかなかったのが解決できました」
「即、人を紹介してもらえ、さらに思った以上に早く仕事が片付いて、是非またお願いしたい」
といったうれしいお言葉もいただいています。

今回の法改正は、いろんな生活背景がありながらも、
自由に生きて働くことを束縛することになり
少子化対策と逆行した案と言っても過言ではありません。
これらを、昨今の不景気や事故等から、安易に禁止と掲げていることは否めません。

そこで、わが社もこの、(社)日本人材派遣協会の『反対』に賛同し、
署名活動に参加しています。

・女性が長く働ける社会
・家庭と仕事との両立を可能とする社会
の実現という弊社の志に賛同し、ご署名を頂戴頂けると幸いです。

氏名などの記載はありますが、
住所は一部のみで、作業に1分もかかりません。
ご協力の程何卒宜しくお願いします。

こちらから!
http://www.jassa.jp/syomei/index1.jsp