リブレ初活用

テーマ:
糖尿病1型歴、約13年の私ですが。
初めてリブレを使いました。
今更と思いますかね、、?

私が糖尿病になった時はまだ自覚のない小学生の時でしたので、
私よりも両親が動揺?していました。
あれからなんとなく生きてきて
きっと大人でなった人の方が危機感が大きいと思います
きちんと管理もできるだろうし
だけど私は病気なんて二の次三の次でした
ヘモグロビンも、高い時もあれば、ダイエットや筋トレ頑張ってる時は低くなったり
心の奥底では、こんな病気になってしまった自分、という絶望感やヒロイン感と、
合併症の恐怖や自分はもっと年をとってからどうなってしまうんだろうという恐怖がずっとありました
ずっとそこから逃げてました
糖尿病1型という病気を持ちながらの摂食障害は私的には残酷でした
ストレスの発散、生きる為の回避方法をすればするほど不健康に近づくわけだから

血糖値が高いであろう時は、計らずにいました
記録される事もこわくて、逃げてました
だからリブレもしていませんでした
でも、自分を大切にするべく、今更だけどちゃんと病気と共に生きながら健康に近づく努力をしていきたいと思います
自分の為にね


検査入院ぶりのリブレ、日常生活でのリブレは初でしたので、
刺す時?は震えながらやってました笑
キットは先にもらってたものの、放置してたので説明も忘れ、説明書を読みながらやってました


そんな感じでリブレ生活スタートです
リブレをしてると、24時間監視されてるようで、過食と減ると思ったのです


明日から仕事ですが、寝る気にならない
でも寝ます、おやすみなさい