さて、世の中ではいろいろ大きな出来事が起きていますね。

 

まず国内では何と言っても菅総理の辞任。というか、今月末の任期満了とともにお辞めになり、総裁選には出ないという発言。

 

もともと安倍さんのピンチヒッターとして選挙を経ずに総理になった方ですので、まあこれは既定路線に近いかなとは思いました。

 

最後、ちょっとジタバタした部分も見えましたが、私には菅さんは人が言うほどには総理であることにこだわってはいないように見えました。

 

権力欲の塊とかいう人もいましたけど、どこが?という感じですね。

 

菅さんは、とにかくやるべきこと(と彼が判断したこと)は脇目も振らずにやり遂げた人だったなと思います。その分、視野が狭く臨機応変な対応が足りない部分がありましたが、とりあえずはやり遂げた。

 

パンデミック下の五輪ということで、多方面から厳しい批判が出ても、パヨクからひどい妨害を受けても、そして国民にどんだけ〜と言うほどの犠牲を強いても、とにかく五輪はやり通したし、またコロナ対策にしても、どんなにワクチンの危険性が指摘されても、副反応によると思われる死者が出ても、異物混入が明らかになっても、ばんばん打ちまくって最終的にアメリカの接種率を上回るぐらいまで加速させたし、そのほかにも原発汚染水の海洋放出も決めたし、長官人事が二転三転したデジタル庁もなんとか発足させたし、まあすごい勢いでこの1年不休で仕事をしてきた首相だったなと思っています。

 

 

その強引な手法は多くの反発を浴びたし、コミュ障かと思われるほどの(東北人らしい)ぶっきらぼうさで、人気も上がらなかったけれども、でも菅さんはなんというか、自分のピンチヒッターとしての立ち位置をわかっていたと思います。

 

とにかくこれをやったら長期政権は無理というような、人に嫌われる(が大事な)仕事をやれるだけやって、次の新しい世代のリーダーとなる第100代首相にバトンタッチしよう。

 

そんな思いだったのではないかなと思います。

 

どのみち自分に与えられたのは1年という思いがなければ、あんなに嫌がられることばかりしないはずですからね。

 

火中の栗を拾わされたと言うことなんでしょう。(ただ多分、後世、色々と再評価されるだろう実績を残しましたよね。)

 

もちろん、本音では五輪とコロナ対応で支持率が上がってもう少し続けられるかもと言う思いはあっただろうけれども、真逆の結果になってしまったし、最後は二階さんを切ったことで岸田派の論点潰しとなって自分の人気が浮揚するかと思いきや、逆に大きな支持基盤を失ってしまったと言う感じでしたね。

 

誰も泥舟には乗っていたくはないでしょうし、横浜市長選の結果を見れば、泡沫議員の誰もが明日は我が身と震え上がったのでは。

 

 

安倍さんは早い段階から高市さんとマンツーマンで勉強会を開いていたというので、高市さんのバックには安倍さんがいるのだろうなと思っていたら、案の定、安倍さんは早速高市さんを支援すると表明しましたね。

 

彼女は国家観もしっかりしているし、人格も誠実かつ高潔で素晴らしく、弁舌も巧みで、人心を掌握する能力に長けている方だと感じました。そして何より政策が素晴らしいです。派閥のない方なのもいいですし、何よりクリーンです。日本の第100代の首相が史上初の女性宰相となるとすれば、これは国民に大きくアピールできると思いますし、選挙を戦う顔として、彼女以上の政治家はいないのではと思います。女性のパワーがより求められるこれからの時代にピッタリの方だと思います。

 

あとは総裁選ということで各派閥がどう動くかでしょうけれども、他の顔ぶれを見ても今ひとつ風を起こせるフレッシュな人材はいないので、私は高市首相というのはワンチャン可能性あると思っています。

 

日本のためにもそうなってほしいと思ってます。

 

高市さんをあまりご存じない方はこちらで詳しく立候補に至る経緯や、政策について語っておられれますのでどうぞ↓

 

 

ただ政治家たちは権力欲の塊なのでそうそう簡単に彼女に明け渡さないぞと暴れるでしょうね。菅さんが辞退したことで、総裁選は群雄割拠の相を呈してきたので、票が割れる可能性はありますよね。

 

今のところ石破さんが態度保留してますが、なんとなく私は親中派・媚中派が裏で色々密約してそうな感じがしてて、河野さんを二階さんの後継者(つまり中国との橋渡し役)にしようとしているのではと言う感じはしています。

 

安倍さんもイチオシは高市さんということにしていますが、何しろ彼女は派閥がない上にそこまで知名度もない人だと思うので、最終的に決選投票は河野VS岸田という形になる可能性も現実的には高いかと。その時には、安倍さんは岸田さんにと評するというスタンスをとり、高市さんを要職に押し込んで影響力を強めようという腹はあるのではと思います。

 

まあ私は政治評論家ではないのでわかりませんけどね。でもどの政治家も二枚腰の戦いで臨んでいると思ってます。

 

私は親中派を背景にした河野さんが首相になったら日本は終わると思っているので、高市さんが及ばなければ岸田さんがいいだろうと思っています。

 

地味ですが外務大臣もなさっているので現実的な判断ができる人。菅さんのように原稿棒読みではなく自分の言葉で語れます。まあ新しい時代を作る第100代総理大臣の「顔」として相応しいかといえばどうかなとは思いますけどね。

 

ただ、岸田さんの主張するステークホルダーによる資本主義は、今のSDGsの方向性に適っていると思うし、グローバリストの味方のアベノミクスよりは未来は明るいかなと思っています。