昨日のクローズアップ現代。

 

真央さんの飾らぬ今の思いを彼女自身の口から聞くことができてよかったです。

 

真央アイコンで他選手攻撃を繰り返すファンもどきの攻撃性を見ては心がイガイガしていた自分でしたが、

 

真央さんのあの穏やかで自然な微笑み、優しくて柔らかい語り口を見ると、

 

なんだ、真央さんはちっとも変わってないじゃんと、安心すると同時に、こんなにイライラしてバカだったなあとか思うんですよね。

 

なんどもなんども、自分、まだまだだな、と思わせられる。

 

それが浅田真央という存在だなと今日改めて思いました。

 

番組で印象的だったのは、山木屋の田んぼリンクの世話をしている菅野十一さんの話です。

 

3年前に真央さんに来てもらった時には原発事故の影響で荒れ放題だったリンク。また再開したら来てくださいと真央さんと約束をした後、十一さんは病気をし、その闘病中に真央さんの引退会見を見ました。その時の十一さんの言葉。

 

 

 

 

 

そして川俣町山木屋地区で避難指令が解除されリンクが再開された時、真央さんが約束を果たしに来てくれました。真央さんと嬉しそうに握手をする十一さんの目には力強い光が宿っていました。とても強い思いを胸に秘めつつ、リンク再開のために頑張って来たんだなということが、その表情一つを見てもよくわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

突然の「愛の告白」(笑)ちょっと驚きながら

 

でもぱあっと目を輝かせる真央さん

 

素朴なおじいちゃんの、飾らぬ本当の気持ちです。

 

真央さんに気持ちよく滑ってもらいたくて、丹精込めて作りあげたに違いない田んぼリンク。でも「スケート場」って称することすらはばかる、その謙虚さにまた感動。

 

真央さん、本気で立派なリンクだと言ってくれてます。

 

スケート場って言ったらおかしいななんてこと言わないで、って顔してる

 

その反応に十一さん、嬉しそう

 

 

ぜひ、滑って頂戴、と何度も繰り返す十一さん。

 

そして真央さんの滑りを感慨深げに見守る十一さん。

 

ほんと、いい笑顔です

 

そして真央さんのこの感想に

 

見守っていた方々から嬉しいという声が

 

この方々は十一さんのご家族なのかな?

 

何れにしても十一さんの思いと、頑張りを間近で見守って来た人たちですね。

 

満面の笑顔!

きっと十一さんが一番報われたと感じた瞬間だったでしょうね。(なんか横顔がマスターノブーオに似てます笑)

 

きっと真央さんが来るので、毎晩放水して、心を込めてリンクを作り上げてくれていたんだなということを知りました。真央さんがその上で滑るのを毎晩夢見ながら。

 

素敵なお話でしたね^

 

真央さんのその一言が、どんなにか嬉しかったことか。

 

何も言わなくても、彼らの努力をきちんと心でキャッチできていた真央さんはさすがでした。

 

 

 

 

たくさんの苦労をして来た真央さんだからこそ、人の気持ちをしっかり受け止め、思いやることができるんですよね。

 

 

 

そしてもう一つ印象に残ったことは、真央さんが人生の最後にやりたいことの話。

 

彼女は、山に入って自由にのびのびと自給自足の暮らしをしたいそうで、海辺なら魚を取って来たり、山なら猪を捕まえてきてさばいたりとかって

 

発想がぶっ飛びすぎ、不思議すぎと思う人が多いかもですが

 

でも私、その感覚すごくよくわかるんですよ〜。

 

自然の中に入って、自然と共に暮らし、海の恵み、山の恵みをいただく。

 

それ以上の喜びはないと思うし、生きることの原点がそこにあると思うんですよね。

 

自分がそういう人生を選択したという意識もはっきりないうちから、気がついたら日本を背負う選手として過酷なフィギュアスケートの世界に放り込まれていた真央さん。勝手にキムヨナとの日韓対決までお膳立てさせられて、何もかも犠牲にして頑張り、その中で最愛のお母様まで亡くされた真央さんですから、本当にたくさんの葛藤があったと思います。

 

でもそれを運命として受け止め、頑張り抜いて来ました。

 

そしてやりきった。

 

今第二の人生を考える時、きっと彼女は自分として生きるとはどういうことなのかとか、自分は本当は誰で何を求めているんだろうとか、根源まで突き詰めて考えたのではないのかな。

 

メディアの中の「浅田真央」という虚像の中で生きることを余儀なくされて来たからこそ、カギ括弧つきの「浅田真央」ではない本当の浅田真央、いろんな余計なものを脱ぎ捨てた本当の自分を探し求めたかったのではと思います。

 

その果てに最後に見えて来たのは「生きる」ということの原点であり、それが彼女にとっては「山に入って自給自足の生活をしたい」ということだったのかも。

 

 

これからいろんなアイスリンクを回って、感謝の思いを込めながら、各地で手作りのアイスショーを展開してゆくという真央さん。

 

これからも真央さんを利用して金儲けする気満々でいた人たちにとっては、さぞかし肩透かし食わされたかもしれませんが、それが浅田真央の出した結論。メディアの中の虚像ではなく等身大の浅田真央が、真央さんを愛してくれる人たちとリアルな人間的交流の中で自ら作り上げてゆきたいというのなら、きっと素晴らしいものになると思います。

 

私はこれからも真央さんのそういう活動を応援してゆくつもりです。

 

そういう地道な活動を継続してゆく先に、きっと彼女は本当の幸せを掴むだろうなと確信した昨日の番組でした。

 

その頃には彼女の名を使ってアンチ活動を繰り返す人たちは、一掃されているだろうなと思いたいです。

 

真央さんのこれからの活動を支援したいと思ってくださる方は、クリックお願いします。

 ↓  ↓


フィギュアスケートランキング

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村