週末忙しくてブログ更新できませんでしたが、羽生選手の演技だけは見ていました。

 

まるでジェットコースターにでも乗っているようでしたね。

 

天上の舞のようだったSPのOtonal

 

ヴォロノフ少年との嬉しい再会 プルさんに憧れた羽生選手のように、その憧れを大事にして偉大な選手になってね

 

 

 

世界最高得点もとってヘブン状態だったのに

 

一夜明けての朝のランスルー時のループでの転倒と怪我

 

(画像自粛)

 

けれどもどうしてもロシアの地で滑りたかった思いを貫き、怪我を押して出場したFS

渾身のOrigin

 

表現面では今までで一番よかった

最後自分でも「頑張った!」と叫んでましたね

 

羽生選手の演技を心配そうに見守るタラソワさんとヤグディンの本気の祈り

 

観客の大応援団

 

 

 

 

プー拾いの女の子たちからもハグをおねだりされるゆづ

視聴率もすごかった

 

足をいたわるタラソワさんの励ましの言葉に涙するゆづ

なお、タラソワさんはまた羽生選手に曲をプレゼントしてくれたそうです。楽しみですね。

 

松葉杖の表彰台 少年のような無垢の笑顔。

 

 

光の中を歩むゆづと胸にかけられた金メダルから世界に向けて発せられる光

 

 

 

 

最後はありがとう、と。お偉いさんも破顔させるゆづ

 

めくるめく2日間でした。

 

ロシアで春ちゃんを舞うことはできなかったけど、タラソワリスペクトでもある「秋に寄せて」と「プルシェンコに捧ぐ」を滑ることができたのだからそれで十分でしょう。

 

ロシアのこの地で、こんな状態でも戦い抜き、勝ちきることができたことは素晴らしいことだと思います。

 

ショートもフリーも完全勝利でした。

 

その意味するところは大きいと思います。

 

春になってから日本の地で春ちゃんを埼玉と福岡で滑ってください。

 

羽生選手のキスを受けた土地は神様の祝福を受けることとなるでしょう。