秋分の日

テーマ:

おはようございます😃


今日は二十四節気の一つ「秋分の日」になります。


「秋分」というもの自体広く知られていますが、「二十四節気」というものに関してはあまり知られてはいないと思います。


日本には春夏秋冬などの季節を表す「四季」という言葉がありますが、それ以外にもたくさんの季節を表す言葉がたくさんあります。

「秋分」以外にも春には「春分」がありますが、それ以外にも「夏至」や「冬至」なども有名な二十四節気の仲間です。


「秋分」は昼と夜の時間の長さがほとんど等しくなります。

秋分はお彼岸の中日になります。この時期は御先祖様の供養を行うためにお墓参りをする人も多いのではないでしょうか。


「秋分の日」という祝日があることから、その日一日だけを「秋分」と考えている人も多いのではないでしょうか。

実は「秋分の日」はその年の「秋分」という二十四節気の始まる起点の日であって、次の二十四節気が訪れるまでは「秋分」は続きます。

ちなみに、次の二十四節気は「寒露」となります。


秋の味覚の代表と言えば「さつまいも」ですよね。

でもさつまいもを食べると気になってしまうのが「おなら」ではないでしょうか。

1人の時はいいのですが、人前だと我慢しすぎてお腹が痛くなることがありますよね。


実はさつまいもは皮ごと食べるとおならが出ずらくなるんです。

さつまいもに含まれているデンプンが消化されるまでに時間がかかってしまい、腸内で発酵してしまいオナラが出てしまうんですね。


さつまいもの皮には、ヤラピンという成分が含まれていて、ヤラピンがさつまいもの消化を促す作用があるため、腸内で発酵する時間も短くなりおならが出ずらくなるのでした


                    感謝




彼岸の入り

テーマ:




2018年の「彼岸の入り」は920日になります。


920日を起点として1週間が「お彼岸」となり、923日の秋分の日が「彼岸の中日」となり、926日が「彼岸明け」となります。

現在の日本では「お彼岸」という文化自体が忘れられつつあり、そもそもお彼岸って何?という人も多いのではないでしょうか。


お彼岸とは元々は仏教用語であって「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことによって煩悩を脱し、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味が込められた言葉となります。

仏教の教えでは西の方角については「西方浄土」と呼ばれていて、西には阿弥陀様がいる方角であり極楽浄土の世界があるとされています。

そのため、仏教では西の方角に向かってお祈りをします。

私たちが住んでいる現実世界(此岸)と仏様が住んでいる世界(彼岸)が最も近くなる時期が春分や秋分にあたるため、お彼岸には仏様(御先祖様)にお祈りをするわけです。


お彼岸にお供えをして食べるものと言えば「ぼた餅」や「おはぎ」がありますが、お彼岸には春と秋に2回あるため、どちらで「ぼたもち」食べて、どちらで「おはぎ」を食べたらいいのでしょうか。

どちらももち米を蒸して柔らくてあんこで包んだもので同じ食べ物なんです。

お彼岸の季節によってお供えものが変わってきます。

春は牡丹の季節であることから春のお彼岸には「牡丹餅=ぼたもち」をお供えし、秋には萩の季節であることから秋のお彼岸には「お萩=おはぎ」をお供えします。

ちなみにお彼岸に「ぼたもち」や「おはぎ」を食べる理由は古来より小豆は邪気を払うと言い伝えられてることと、もち米とあんこの2つを合わせることによって先祖と心を合わせるという意味合いが込められています。


                                                              感謝



いのちの日

テーマ:


今日は何の日?


311日の今日は「いのちの日」です。


2011年(平成23年)311日に起きた東日本大震災により多くの人命が失われたことを教訓に「災害医療を考える会(Team  Esteem)が「命の尊さを思い、命の大切さを考え、震災で学んだことを風化させることなく災害に備えよう」といった理念を持って制定した記念日です。


311日の「いのちの日」の制定目的は、災害時医療の改善を図るためです。

91日には、全国で防災訓練が行われてますが、これと同じように311日には、健康、医療、災害時の体制などを考える機会を設けたいという思いが込められています。


「東日本大震災が発生」

2011年(平成23年)3111446.東北地方太平洋沖を震源とする、マグニチュード9.0という日本観測史上最大規模の地震が発生。この地震による津波は、東北地方の太平洋沿岸部に破壊的な被害をもたらし、その衝撃的な映像はメディアを通して全世界に報じられました。

国内の自然災害で死者・行方不明者の合計が1万人を超えたのは戦後初めてです。

また、東京電力 福島第一原子力発電所では炉心融合と水素爆発が発生し、原子炉建屋が崩壊、高濃度の放射能漏れが起こり、チェルノブイリ原発以来のレベル7という深刻な事故を引き起こしました。


東日本大震災で命を亡くされた方々のご冥福をお祈りするとともに被災された方々にあらためてお見舞い申し上げます。

https://youtu.be/ortVuR86XC0


(閲観注意してください)


イメージ.png


「いのちの日」を機会にいのちの大切さを考えてみてはいかがですか?

                                  感謝