続きの記事ですニコニコ

続いての発表は、Bテーブル音譜音譜

星はじめに、Bテーブルの進行をしてくださった一周年イベント臨時サポーターのあやさんからのご紹介です。
可愛いルックスとギャップのある、インパクトある作品を毎回ご紹介くださるのですが、推し本はこちらでした。


星4回目の参加の男性からはこちらをご紹介いただきました。

本ではなく、専門誌からコピーしたものをお持ちいただき、「以前は賢くみえることを言おうとしていたが、今は自分の考えていることを言おうと思うようになった」と言われていたのが印象的でした。


星続いては、絵本がお好きで箕面で絵本教室も開催されている女性からのご紹介でした。

こちらの本がご紹介された時、一部ざわついたのですが、その理由はまた後ほど…

主催されている絵本教室について、以前にご紹介させていただいた記事です下矢印

星次に、和服姿がとても素敵だった2回目参加の女性からの推し本でした。
ちなみに「四十九日のレシピ」は私もかなり好きな一冊で、記事にもしているので、ご紹介していただき、嬉しかったです


星続いては、名古屋読書会の常連の方で、大阪の読書会にも何度か参戦ビックリマークビックリマークしていただいている男性の方からのご紹介でした。

星Bテーブル最後は、私が頼れるお姉様のように思っている臨時サポーターのまこさんからのご紹介でした。

いつも深い考察をされ、気付きをくださる方で、今回のご紹介も心響きました



次はCテーブルですニコニコ
ライトの加減で影ができているのはお見逃しください…。

星Cテーブルの進行をしてくださり、前回の読書会では「文学作品を10ページ程度の漫画で読む」シリーズをご紹介してくださった臨時サポーターの聖家さんからのご紹介です。

「銀河鉄道の夜」は、以前に課題本で取り上げられたなあ、と思い返しました


星次に、2回目の参加になる女性からのご紹介でした。

実は、私が今回推し本として迷ったうちの一冊は、「キッチン」でした。
20代の頃、行き詰まって、それまでの人生のなかで一番苦しかった時期に読んで救われた作品です。
こちらも以前記事にしています。

自分にとっても思い入れの深い作品が紹介されると嬉しいなあ、と思いました


星続いては、同じく2回目の参加となる女性からのご紹介でした。

借金2000万って一体どんな!?と思いますが、口ぐせって大切ですよね…。

知り合いの方からご紹介された一冊とのことでしたが、ひとから紹介された本に触れることで、自分の世界が広がるのを読書会を通して感じているので、ご縁って素敵だなあ、と思いました。


星もうお一方2回目の参加となる女性の方からのご紹介です。
紹介文が途中で切れてしまった上に、影…
すみません…。

教養のあるひとって素敵だなあ、と思います

大切なのは、知識を得ただけで満足するのではなく、インプットとアウトプットを繰り返して、実践して自分のものにすること。
知識はスタートにしか過ぎないよな、と紹介文を拝読して思いました。


星Cテーブル最後は、読書会サポーターで、渋いナイスミドル。でもユーモアを忘れない、ちくわさんからのご紹介でした。

17歳で般若心経に興味を持たれ読まれた一冊とのことで、なんというか、奥深い方です。

年齢はほぼ変わらないのですが、その奥深さにいつも感服しますキラキラ



続いては、Dテーブルでしたニコニコ

Dテーブルは私が参加させていただいたテーブルで、また別記事にしたいと思いますが、Bテーブルの紹介本で一部がざわついた理由というのが、遠藤周作さんの「沈黙」が被っていたからでした爆笑



同じ本でも、違う形でご紹介されて興味深いな、と思いますキラキラキラキラキラキラ



ここまで、二つの記事に分けて、A〜Dテーブルのご紹介でした

続いてはEテーブルで、あと4テーブルご紹介させていただきます