おはようございます

全4回にわたりレポを書かせていただいた11月3日開催の彩ふ読書会でしたが、主催者ののののさんが私が書いた内容+αの内容をまるっと一つの記事に見事にまとめられているので、ご紹介ですウインク
下矢印下矢印下矢印

なんとまあ、全5回の読書会記事になってしまいました笑い泣き


急に寒くなったからか、PMSの影響か、数日前から目が重く、頭が重だるくて、下を向くと頭が痛くなりました。

昨日も仕事が遅くなり、体力の限界でブログ更新できませんでしたあせるあせる


月経時、不調を感じている女性が多いと感じるのですが、PMSをご存知ない方や、自分がPMSと気付かずしんどい思いをされている方もおられるのではないかと思います。

私の周囲でも、自分の月経時の異常に気付かず、「異常=月経だから仕方ない」で片付けている人がいて、それは普通じゃないよ、と話すと「みんなこうじゃないの?!」とビックリされたり…。

月経のたび鎮痛剤を使う異常な状態を、CMの影響か当たり前に思っているひとは多いように思います。

「今、あの時期だから調子がよくない」というと、「お腹痛いの?」と必ず聞かれるのですが、私はお腹は痛くなりません。
子宮内膜症のときは、鎮痛剤を飲んで気を失うように寝ないと耐えられないくらいの痛みでした。
今は子宮内膜症は完治しているので、痛みは出ないです。


月経は個人的な経験のため、ひとと比較することが難しいです。
よっぽど仲が良くないと、話題に出しづらい話題ですしねあせるあせる
でも何かしらの不快な症状が続いているのなら、婦人科を受診していただきたいな、と思います。


そんな自分や周りの症状とあわせ、PMSについては広く理解が必要だな、と思うので、詳しめに書いてみたいと思います。



PMSとは、月経前症候群と呼ばれるもので、腹痛、頭痛、腰痛などの身体症状や、動悸や悪心、めまいなどの自律神経症状、イライラや抑うつ、不安、疲れやすい、無気力など精神症状も引き起こします。

月経がある女性の70〜85%が何かしらの不快感を月経時に感じますが、PMSは病的な状態です。
生活習慣の乱れや、ストレス因子があると、PMSの症状は強くなると言われています。


PMSに関して、私はだんだん自分のバイオリズムが判明してきて、生理周期にあわせて腰が痛くなる、浮腫む、頭と目にくる、気持ちが落ちる、睡眠が浅くなる時期がわかってきました。

軽いひとならば、食生活をはじめとした生活リズムの改善で症状が緩和されますが、私は重度の部類にはいると思います。

婦人科を受診したところ、即座にピルを勧められました。

出血量も多く、平常時でもHbが8.0しかないことが血液検査で判明し、ピルしかないだろうな、と一時期ピルを内服していました。

ピルにも色々種類があります。

効果が高いものほどリスクもあります。
ピル内服の最大の副作用は、“血栓”です。

血栓とは、血の塊のことで、これにより血の流れが滞ることにより、血管内の血液の流れが遮断され、血管が詰まるリスクがあります。

座りっぱなしの状態は血流を阻害しやすいので、エコノミー症候群を引き起こしたり、下肢にできた血栓が血流にのって運ばれ、脳で詰まれば脳梗塞、心臓で詰まれば心筋梗塞を引き起こします。



ピルはPMSに有効な治療法ではあるのですが、血栓リスクを考えると、私はなるべくピルは使いたくなくて、でも、背に腹は変えられないと思い服薬を開始しました。


ところが私のPMSは手強くて、ピルを飲んでいても本来の生理周期に引きずられて生理が早くきてしまったり、身体と心の変化は続いていました。

もうひと段階上のピルを勧められたのですが、血栓による死亡例が多数報告されている薬剤だということと、ピルを内服することで、本来のバイオリズムがわからなくなっているな、と感じたことから、漢方を内服するようになりました。

漢方を内服するなかで、内側からの変化を感じ、ピルの服薬を中止しました。
これがちょうど去年の今頃の話です。


一年たち、いまだにPMSに振り回されてはいますが、最大のストレス源である仕事の見直しをし、少し気持ちに余裕がでてきました。

更に、自分のバイオリズムを把握するために、今まで書いていた生理周期に加え、身体と心の変化を手帳に書き込むことにしました


症状がひどいときには漢方をレスキュー的に使い、セルフマッサージをし、首を温め、耳ツボジュエリーをし、しんどい時期は無理をしないように過ごそうと思っています。

対処法が身についてきたので前よりは気持ちに余裕がもてるようになりました。



PMSは、本当にジキルとハイドを生み出します。
PMSの方にはわかっていただけると思うのですが、生理周期にあわせ、急にスイッチが切り替わり、昨日まで普通に過ごせていたのに、落ち込んだり、身体を動かすことが苦痛に感じたり、普段なら気にならないことに対しても苛立ったりします。

周りのひとからみると、異常に思う行動もあるかと思いますが、例えばパートナーの男性はPMSについて少し理解してもらえると嬉しいなと思います。
本当にしんどいので…

朝から真面目な記事になりましたが、皆さま、これからの季節は体調を崩しやすい時期なので、セルフアセスメント&セルフケアにお心配りくださいね



さて…。冒頭の読書会について…。


彩ふ読書会一周年イベントまであと11日ビックリマークビックリマーク
残席残りわずかです〜!

迷っておられる方は是非キラキラキラキラ

では、今日も元気に働いてきます〜ニコニコ音譜音譜