こんばんは
今日は仕事が遅くなり、更新が遅れましたあせるあせる

帰りは遅くなりましたが、読書会でかなり元気がチャージされたのと純粋に仕事が楽しかったので、元気満々ですウシシキラキラキラキラ


娘のことがあり、しばし仕事をお休みさせていただきましたが、再開してから仕事が更に楽しくて仕方ない…爆笑

職場の方に、自分が悩んでいたことを包み隠さず話せたのが大きいです

私はだいたい働き始めて2、3ヶ月経つと色々考えてしんどくなる時期がきて、そこを乗り切ると迷いなく働けるようになるので、今回もクリアできて良かったな、と思いますキラキラキラキラ

自分の弱いところや悩んでいることが明確になって、それを職場のひとに打ち明けるという過程が私にとって必要なようです。

有難いことに職場の人間関係に恵まれることが多く、特に今回の職場は話しやすい方が多いので、色々アドバイスをいただき、自分の望むことが明確になりました。


仕事をするということは、人間的に成長する機会になり、やっぱり楽しいなあ、と思うとともに、今の仕事について段々わかってきた今、「好きだな」としみじみ思えたのが嬉しいな、と感じた今日の仕事でしたニコニコ音譜音譜



さて、改めて読書会のレポの続きです

最後は、Cテーブル爆笑


ブルーハートまずは読書会サポーターの男性からでした。

サッカーがお好きで、サッカーチームのサポーター活動もされていて、時折スポーツ系の本をご紹介してくださります。

読書会では、色々な本が紹介されますが、そういえばスポーツ系の推し本ってあまりないんですよね…。

プロスポーツ選手のメンタルトレーニングは凄いものだと思うので、私もスポーツ系の本を開発してみようかな、と思います。

今回ご紹介していただいた本について、「電車の中で読んでいたのに泣いた」とおっしゃられていて、泣かされる本とは…、気になる…、と思いました。

心が動かされるほど好きなものがあるということは素敵だなキラキラと思いましたニコニコ


ブルーハーツ次に、前回は漫画読書会に参加していただき、今回2回目の読書会となる男性からのご紹介でした。

辻村深月さんの作品はファンが多いですね!
私も「かがみの孤城」を読んで、他の作品も読んでみたくなり、家に積ん読でスタンバイしてますニヒヒ

午後の部にも参加してくださり、2回目とは思えない馴染みぶりに嬉しくなりました

今回の読書会はサポーターやリピーターの方が多かったので、参加回数が少ない方が圧倒されないか若干心配していたのですが、皆さま楽しそうにしていただけている様子で嬉しかったですラブラブラブラブ

「何回目の参加でも楽しめる場所」がのののさんの目指すところで、私もサポーターとして大切にしたいと思っているところです



ハート初参加の女性からご紹介された一冊です。
自分では手に取らない本だなと思いましたが、おすすめコメントを拝見すると、なんだか面白そう…ラブ

読書会終了後、一周年イベントのお話などをしたのですが、本の内容をお聞きしたら良かったと悔やまれました…ぐすん

世の中には本当にたくさんの本があって、本との巡り合わせって、奇跡みたいだな、と思うことがあります。

とても素敵な内容でも、巡り会えないこともあります。

読書会を通して、小さな奇跡にたくさん巡り合っている気がします


ラブラブ続いて、何回か参加されていますが、私はお会いするのが初めてだった女性からのご紹介です。
松浦弥太郎さんは、私にとって特別な存在です。

以前にも書きましたが、松浦弥太郎さんの文章を初めて読んだ時、こんなに優しい文章ってあるんだな、と感じて、松浦弥太郎さんのような文章を書けるようになりたいと思いました。

私がブログを始めるきっかけになった方ですニコ

だから、松浦弥太郎さんのご紹介に「おお〜キラキラキラキラキラキラ」となりました。

残念ながらゆっくりお話できなかったので、次にお会いしたら、松浦弥太郎さんについてお話してみたいですラブ


ブルーハーツ読書会サポーターであり、みんなのアイドルラブラブラブラブの男性からのご紹介。

すーさんは、伊坂幸太郎さんの全作品を読破されています。

伊坂幸太郎さんはずっと読みたいと思いながら読めていなくて、著作も多いことから、何から読んだらいいか迷っていたのですが、今回の推し本を聞いて、この本から読んでみようと思いましたキラキラキラキラ

すーさんはご自身でも読書会を立ち上げられていて、今月25日にも開催されます。

前回の開催レポはこちら


堺東での開催で、私も時間が合えば行ってみたいと思っていますラブ


ピンクハート初参加の女性からのご紹介です。

海外作品を読む機会がないのですが、海外作品は読み応えのある作品が多いな、という印象です。

「日の名残り」でも感じたのですが、その国で生まれ育ったからこそのアイデンティティがあり、他の国の文学作品を読むことで、そのアイデンティティの在り方や、その国特有の考え方を理解する一助になるのではないかと思います。



グリーンハート最後に、3回目の読書会参加の男性からのご紹介です。

写真って癒しの効果があるなあ、と思います。
切子のグラスは芸術作品のような美しさがありますよね

光の当たり方で印象が変わり、眺めているだけて楽しくなるな、と思います。



本当に、色々な本が集まった読書会でした

午後の課題本形式は「革命のファンファーレ」でした。
かなり関心がありながら、予定があり参加できなかったのですが、参加された方が早速ブログに読書会の様子を書いてくださり、楽しかったのが伝わってきましたキラキラキラキラ

午後の部については、他の方が書かれたブログをリンクさせていただきながら、明日また書きたいと思いますニコニコ


それでは、また明日
おやすなさいぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅ