みなさんこんにちはお願い

暑さでしばらくストップしていたクリニック装花を再開していただきました。







胡蝶蘭と私がちょこちょこ買ってくるお花で凌いでいましたが、、やっぱりプロは違いますね。

クリニックの雰囲気がイキイキする感じちょうちょ


また毎週の楽しみが増えました




8月に購入したミディ胡蝶蘭も、スタッフが愛情込めてお手入れしてくれているおかげでまだきれいなお花を咲かせてくれています。ほっこり





本日はヒアルロン酸治療のご紹介です。


30代女性








ほうれい線とクマが気になるとご相談にみえましたくま



膨らみ(眼窩脂肪)の下が影になっています。






笑うと改善します。





眼窩脂肪が出ている方には、



①加齢による骨吸収(「眼窩」という眼球が入っているくぼみが拡大したり、眼窩底の角度が変わったりします)や、眼輪筋・皮膚の弛緩、中顔面のfat padの下垂などによって眼窩脂肪が前方に突出して目立っているパターン


②眼球(+眼窩脂肪)と眼窩下縁の位置関係が原因で、眼窩脂肪が骨格から前方に出て見えるパターン

(→若い頃からクマを気にしておられる方がほとんどです)



のタイプがあり、こちらの方は②のタイプです。






横から見ると眼球の前縁よりも眼窩下縁(目の下の骨の縁)が後方にあることがわかります。

アジア人に多いパターンと言われています。





橋本環奈さんや安達祐実さんもこのパターン。
目の大きい方は、その大きさがより強調されますね。



眼窩という眼球を入っているくぼみの底面の奥行きが短いため、眼窩脂肪が出て見えてしまいます。




このようなパターンでは目の下の頬の骨(上顎骨)の上にヒアルロン酸を注入し、眼窩脂肪を下から支えると眼窩脂肪の突出が目立たなくなります。


注入する量や層によっては、真顔の時はきれいでも笑ったときに不自然になったり、変な膨らみが出たりするので慎重に入れます。




今回のケースでは、そのような骨格的な要因に加えて、加齢による中顔面の脂肪の下垂が生じたことで “さらに気になるようになった” 、ということだと思います。


たるみ改善&骨格を補正しました。







1.目尻下の骨上に注入することで靭帯を補強して下眼瞼を外上方へリフトアップ(→)


2.さらに、中顔面の深い層へ注入(○)




【前→注入直後】













クマの改善だけでなく、頬の重心が上がることでほうれい線も少し改善します。

また、目の下に光が当たるようになるためお顔全体が明るく見えます。


こちらの症例ではボリューマ1cc使用しました☺︎





【ヒアルロン酸治療】

使用製剤:ジュビダームビスタボリューマXC

使用量:1cc

費用:9万円+tax (麻酔、カニューレfree)

リスク:アレルギー、感染、しこり、血流障害、色素沈着など








お写真の掲載をご快諾いただきありがとうございました!




クマや目の下のくぼみのご相談は多いですが、目の周りの皮膚はとても薄いため、直接ヒアルロン酸を入れて治療しようとすると膨らんだり凹凸になったりすることがあります。



ちょっと歯痒い感じはしますが、くぼみに直接注入するのではなく頬やこめかみなど、少し離れたところに注入して間接的に治療する方が自然に仕上がることがあります。




 

 

ご相談お待ちしております音符

 

 

 

 

佐藤

 

 

SATO MOMOKO CLINIC Injection Lab. 】

 

星ブログランキングに参加しています☆

sei下記のももをクリックしていただくと、

sei☆。個性豊かな先生方のブログに飛べます星

sei★ご自身にあったDrを見つけてください☆☆

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング