マコモわらじ

テーマ:

一ヶ月以上も前になりますが。。。

9月とある日に、まこもわらじ作りを教えてもらいに行きました。

先生は、片山裕美子さん。

3年くらい、九州や東北でわらじを習いつつ習得された技術を伝授してくださいました。

紐の部分は、麻の繊維使っています!

 

楽しかったなぁ〜♪

また、作りたいと思います(^o^)

 

まるで、夏休み最後の宿題を仕上げるかのごとく。。。ブログアップ中びっくり

 

8/8は、大阪玉造にある 『アトリエSUYO』さんにて麻糸産み後継者養成講座・基礎講座2回目でした!!

アトリエSUYOさんは、さをり織りとベンガラ染めの工房ですニコニコ

そこで月1回講座を開催させていただいております。

 

そして今月は基礎講座2回目

『麻糸産み後継者養成講座』とはなんぞやはてなマークという方 こちらをご覧下さい→詳細

 

先月、基礎講座1回目は麻の糸を績む(うむ)をいう行程でしたビックリマーク

※『績む』とは、繊維と繊維とを繋げることを言います。

 

今回の2回目までに、1グラムの繊維を繋げてきて頂くという宿題がありました。

その、繋げてきて頂いた繊維を紡錘車という道具で撚りをかけていきます。

撚りをかけることを『紡ぐ(つむぐ)』と言います。

何故撚りをかけるのかはてなマークそれは糸を強くするためでもあります。

使う用途によって、撚りのかけ方を変えることもあります。

織物のたて糸に使う糸は強めに、よこ糸は弱めもしくは撚りをかけないなど。(必ずしもそうでない場合もありますが)

 

 

みなさん、真剣に紡いでいますニコ

この作業は、時に無になります

 

今回受講して下さった皆さんの手績み&手紡ぎの大麻の糸です糸

出来上がった糸は、何に使うのか?よく聞かれます。
目指すは布だったりしますが、まずは糸として使ってみることをお勧めしています。

ボタン付けだったり、ワンポイントの刺繍や、アクセサリーつくったりと音譜

友人は、靴下の穴の補修に使うと言っています。(強度があるからいい感じなのだとか・・・)

以前、糸は買うものだと思っていましたが、この講座で自分でも作れるということを学びましたウインク

 

さて、このあとは『麻てらす〜よりひめ岩戸開き物語』上映会へと移ります!!

 

ところ狭しと集まった方は26名プラススタッフ数名

満員御礼となりましたラブラブ

ここまで密着した上映会は初めてだと監督も言っておられました爆  笑

この会場、過去に50名集まっちゃったことがあるそうですおーっ!

スタッフ合わせ30名でもギューギューなのに

その時は、どうやって皆が座っていたかは謎ですが。。。
さすがSUYOさんって感じです!!

 

熱気ムンムンの中、98分の上映も無事終わり

再び監督のご挨拶&主催のSUYOさんのご挨拶

 

この前日は、神戸での上映会

そして、大阪上映会

何度も観ていますが、その都度発見はありますビックリマーク

吉岡監督の編集は素晴らしいと思いますキラキラ

4年かけて撮影された数々の映像をここまでまとめるには相当大変なことと思います。(もちろん自分の想像は遥かに越えてます)

 

そして、この映画はシリーズ化を目指しておられますびっくり

まずは、この第一作目Movieぜひ皆さまご覧下さいませ→『麻てらす』HP

 

私は、これで試写会も含め6回目目

この先、何回観ることになるのだろう。。。と思うと、カウントするのは辞めようと思いました(笑)

 

先日(7日)、神戸に台風が通過の時台風

まさに、映画上映会開催日でした!!

 

吉岡監督は、関西入りをされていたので上映会を開催することは決めていたのですが。。。

交通機関が止まってしまっては、どうにもならないということもあり。

これは、来られる方の判断に委ねての開催でした。

 

やはり、何名かのキャンセルはありましたが、逆に申し込みの方もいらっしゃったり不思議現象はありつつも無事開催させていただきましたニコニコ

 

昼の部は、多くの方がご参加下さいましたニコ

予報で、夜の方がひどくなると言われていたのもあってかと思います。

 

夜の部は、当初お申し込みの半分くらいでしたが。

それでも来て下さった方がいらっしゃったことは有り難いことでしたラブラブ

 

最後に記念撮影音譜(昼の時は、写真を撮ることなどすっかり飛んでおりましたあせる

まさに、台風一家(吉岡監督曰く)!!

 

以前の職場の同僚や、友人、そして神戸で麻糸産み講座に受講して下さった方、初めましての方々 お越し下さりありがとうございましたドキドキ

当日やむなく来れなかった方々も、興味を持って下さったことに感謝いたします!!

 

また、上映会は開催したいなと思っていますニコニコ

どこかでお会いしましょう虹映画