玉林犬肉祭りの会場へ入っている、中国の女性活動家トー・ユーフェンさん(※過去記事参照)が主宰する団体Bo Ai Animal Protection Centre Of GuangyuanのFBより、現地の様子を翻訳してまとめました。

 

 

「祭り会場の市場には、たくさんの犬猫がかごに詰め込まれ、彼らの目前で次々と別の犬猫が殺されていきます。叫び声が響き、非常に辛い現場です。

 

 

 

Rescuing dogs or cats from the meat trade is very emotional at the best of times but for us, sometimes it seems impossible. Of course, the actual rescuing is the easy part but it doesn't stop there. The dogs and cats are often full of diseases like Rabies or Canine/Feline Distemper, caught from others in such a close proximity. They are transported often for days in these conditions with no food or water. They often have broken limbs or tails from careless throwing of the cages in which they are packed so tightly in that they cannot even move. Thrown to the ground from trucks with no regard for their lives. This is when the reality of the situation begins to sink in. Do we have the space for the rescued animals but more importantly, once they are nursed back to health, do we have the financial means to look after them until they are adopted? Most we rescue are never adopted. We are a small organisation in a small city in Sichuan. We cry when we return back to our hotel rooms, remembering what we have seen and heard, toiling with the sense of responsibility that we have to those animals. We will do the best we can with what we have but ultimately we cannot rescue them all. We hope you will still support us like you are doing already. We hope we can meet your expectations but more importantly, we hope we can meet the eyes of the animals if we are forced to walk away. Now, we must sleep. Tomorrow is the start of the madness and sadism that we have seen all too often at Yulin's dog meat lychee festival. This is why we fight to end the dog and cat meat trade.

Bo Ai Animal Protection Centre Of Guangyuanさんの投稿 2016年6月20日

 

 

20日にはすでに屠殺が始まりましたが、業者らはその様子を他国へ知らされることを拒んでいるようで、ある店主が屋台から出てきて、ボランティアをなたで脅しました。

自分たちの「伝統文化」を守ろうとする地元住民たちは、私たちを排除しようとします。

 

でも違う!これは中国の文化などではない!

 

 

 

市場では、純血種の犬も多数売りに出されており、ある業者は2匹のトイプードルを自慢げに見せてこう言いました。

 

「純血種の犬を好む客は多い。今朝、純血種の犬を2匹買った客は、それぞれを一刺しで殺していたよ」。

 

動画の2匹は救われた幸運な子たち。しかし病気のため、動物病院で治療を受けています。

 

There are many purebreed dogs for sale in the markets. The vendor to whom these 2 Miniature Poodles belonged bragged to our founder Du Yufeng "Customers love to eat purebreed dogs. One customer bought 2 purebreed dogs this morning and killed them with a stick with just one hit each". These 2 dogs are lucky. They are now safe but they are also sick. One of them has a big lump in it's throat but they are both being treated at a pet hospital. Tomorrow is the Summer Solstice. Tomorrow, the festival at Yulin really begins... Thank you for your support.

Bo Ai Animal Protection Centre Of Guangyuanさんの投稿 2016年6月20日

 

 

現地では、どこへ行くにも常に警察官に後を追われ、真夜中にホテルの部屋にまでやって来て職務質問されるような状況。結局、警察官は朝まで部屋から出ていきませんでした。

警察は、犬猫が殺される凄惨な現場を記録されることを恐れているようです。

 

翌朝、やっとの思いで朝食を取りに外へ出ると、多数の祭り参加者に取り囲まれ、嫌がらせや脅迫を受けました。現場は、非常に緊迫しています」。

 

 

~まとめ以上~

 

 

また、Guardians of Chinese Animal Protection 守护者のFBによると、当局からの指示により、看板の「犬」の文字だけ隠す店もあるということです。

 

 

 

 

 

また、地元警察は携帯電話で現場を撮影することを許さず、電話を没収したり、地元住民たちが報道陣の生中継を妨害するなどしています。

 

 

 

 

そして、祭りから犬を救い続けている楊さんも到着。祭り会場に入った途端、愛護家やメディア、地元住民たちの注目を浴び、北京ニュースが楊さんを追っています。

 

 

早速、業者と交渉する楊さん。

 

 

 

 

一方、ヒューメインソサエティー・インターナショナルは現地活動家らと協力して、先日に引き続き新たに20匹の犬を救出しました。

 

支援を求めているマーク・チンさんに、救出活動での連携を提案したとのこと。

 

 

 

 

 

★関連記事

 

中国で「犬肉祭り」準備佳境、愛護団体は1100万の反対署名で抗議

 

犬食祭2016、世界的批判を受けるも今年も開催。

(↑20日に開催されたとありますが、祭りは今日から始まり、一週間ほど続くという情報もあります)

 

中国「犬肉祭」に逆風強まる 世論6割超「取り締まれ」 ヤミ流通網など厳しい視線

 

 

★関連過去記事

 

活動家マーク・チンさん 犬肉産業から犬を救う旅 ~中国・玉林犬肉祭り 支援求む!