学びの夏でした

テーマ:

すっかり秋ですね。

今年の夏はどんな思い出ができましたか?

私にとってはプライベートはともかく笑
学ぶことが多い夏!でした。


7月はスタジオをお休みさせていただき、
教師の為の研修を3日間受け、各方面からいらした先生方とご一緒できたこと、そしてバレエ学校以来(いったい何十年ぶり?笑)友人と一緒に踊り、レッスンができたことはとても楽しく、色々と考えさせられる時間となりました。


そして、8月は初のジュニア生と合宿!
長野のバレエスタジオアン主宰のまゆみ先生とは高校時代の同級生という…バレエが繋いでくれている「縁」を感じた夏でもありましたね。


昨日まゆみ先生から思い出の写真と生徒さん達からお手紙が届きました✴️



一枚一枚、大切に読ませていただき、
思い出に浸りながら
「私はこういうことをしてこなかったな」
と、反省…


モモコバレエ生も何かあったときは、アルバムや手書きのメッセージをいつもプレゼントしてくれますね。


今はライン、メールと便利になったので
つい、そこに頼ってしまいますが、やっぱり、手書きのものや手の込んだものは、一人一人の気持ちが伝わってきて、とても嬉しい気持ちになります(なんか、顔が浮かんでしまって、ダーってなる笑い泣き)


それをわざわざまとめて送ってくれるという
お心遣いに、先生方がどんなご指導をされているかがわかります。


アンの生徒さんは皆きちんとしていて、バレエへの向き合いかたも素直、踊りも丁寧でモモコバレエ生を優しく受け入れてくれ、教えていてもやりやすい。それは、日頃の先生方のご指導があってのこと。


東京の年頃の生徒達を連れ、いつもと違う空気の中での交流の場は皆の「今」を感じる経験となり、生徒達の成長や変化、学ぶことも沢山ありました。


今年は特に、他の地域の先生方と触れることが多かった夏。違う場所でも思うことは皆同じで、そして沢山の情報が流れています。


外の空気に触れることは、教えている私も生徒である皆も大事です。舞台を観ることもそうですね。


常にアンテナを張り、自分なりにどう編集して活かしていくか、です。


きっと数年後、形になって現れるからね。


矢口桃子



追伸 写真スタジオ持って行きますね♪