今日は、WEB内覧会 脱衣室編です〜。

なかなか内覧会が進みませんが、今日は一気に脱衣室を終わらせちゃいますよ。

長文ですが、お時間ある方は最後までお付き合いいただけると嬉しいです。
(でも、長いですそして画像多いですアセアセ


脱衣室って、タオルやパジャマ、下着類を収納したいし、お風呂掃除の道具も置きたいし。

ということで、階段下を収納スペースに利用しました。

脱衣室のどこに何を置くかをよく考えて、収納スペースをあらかじめ確保して置く事をお勧めします。




わが家は、洗面室の奥が脱衣室になっています。

洗面室のドアと開けると・・・

{B3FE8AE8-4791-4721-B1F4-12A43568B24B}

ここが脱衣室。

ちなみに、脱衣室付近の間取り図がこちら

{AA27FF00-5B9A-4324-A245-A0FCE99A5AC4}


洗面室と脱衣室を分けていますが、洗面台から洗濯機がまあまあ近いので、洗濯機で洗う前に手で予洗いしてから洗いたいものがあっても、動線的には不便を感じません。


階段下のスペースを活用して、洗濯機を置いてます。

{D07440D0-D2B0-4C6A-8BA8-CC07556BECF2}

(あ、タオルケットを洗濯中ですが、そのまま撮影しちゃいました。)

以前住んでいたアパートで使っていた洗濯機が入るように設計してスペースを作ってはいたのですが、ドラム式の洗濯機って結構大きいですよね。

これ本当に入るのか、引っ越し当日までドキドキでしたよ。

スペース的には入る寸法のはずだけど、でも、どうやってこのスペースに入れるの?!

めっちゃ重いよ?!

引っ越しは、車で5分ほどの距離なので、ほとんど自分達で運んだのですが、この洗濯機とそれから冷蔵庫は、重すぎて素人では運べないので、引っ越し業社さんに依頼しました。

クロネコさんの方が運搬費は安かったのですが・・・

ドラム式洗濯機が不安要素大だったので・・・(果たして、このスペースに入れることができるのか?)

こういうのに慣れている引っ越し業社さんの方が安心かなと思い、某引っ越しセンター、サカイさんにお願いしました。(←全然某じゃない)

引っ越し当日、やってきたのは健康的な小麦色に日焼けした、筋肉ムキムキで爽やかな笑顔のお兄さん二人。

搬入先の現場を見て「お!これはちょっと難易度高いですね〜。」と言いながらも、いともあっさり入れてくれましたよ!

ついでに、契約してない荷物も何点か一緒にトラックで新居に運んでくれましたよ。

重たい荷物を3階から下まで下ろしてくれましたよ。(アパートが3階だった。)

お兄さん達、どうもありがとうございました。

とっても助かりました!

無事、ドラム式洗濯機は設置できましたが、これ、メンテナンスの時、大変じゃないかしら?

大丈夫かしら・・・と、ちょっと不安要素は残る・・・



板と金具をホームセンターで購入し、洗濯機の上にDIYで棚を付けました。


{0098C591-4E5D-45E5-B46D-D02FF71B1E19}

DIYド素人の夫が付けたので、金具の位置とか、よく見ると微妙ですが・・・

せっかく付けてくれたので、文句は言うまい真顔

洗剤置くのに便利です。


洗濯機の横には、お風呂掃除の道具とか、子供の上履きを洗う道具とか、使う頻度の少ない洗剤などを収納しています。


{74E6F5C6-6290-4509-9E45-AB4B4FF55D7B}

ここ、洗濯機の側面に、マグネットで付けるタイプの収納ラックを使っています。

バスブーツも引っ掛けられて便利。

この写真じゃ、よく見えませんね・・・


こちら、トスカのマグネット収納ラックです。
(クリックすると、楽天の商品ページにとびます。)

ちょっと高かったけど(5,500円くらい)、デザインが気に入ったのでコレにしたの。

もう少し安いタイプだと、4,000円くらいのもありました。

わが家の場合は、洗濯機と壁の隙間に設置しており、ラックはどうせほとんど見えないので、安いのでも良かったかも・・・と、取り付けた後で気がつきました滝汗

でも、いいの。気に入ってるから。


さて、

洗濯機の隣は・・・


{2DE7F352-77D0-4A8E-842D-C627DE8789CE}


バスタオルや、パジャマ、下着類などの収納棚になっています。


{8D232285-F4AE-41FB-B465-A5C9DC06BF7F}

奥行き55cm、横幅81cmの可動式の棚です。

収納棚は、あんまり奥行きが広すぎても使いにくいし、それよりは通路幅を広く取った方が良いと思い奥行きは55cmにしました。

子供が二人いるので、子供二人と一緒にお風呂に入った時の事を考えて、脱衣室で着替えるスペースを少しでも広くした方が良いと考えたからです。


棚にはカゴを置いて、タオルなどを収納しています。

{9A361EDB-99D3-447B-9F12-192B5138AF43}

ピッタリ。

というか、「このカゴを使う」と最初に決めてから、それに合わせて棚をつくってもらったので、ピッタリなわけですけどね。

このカゴ、結構大きいんですよ。

横38cm、奥行き54cm、高さ19cmです。

でも、天然素材で手作りのため、若干サイズに誤差があります!

棚のサイズは余裕を持って設計される事をお勧めします!

ホント、ギリギリピッタリでしたよ滝汗

このカゴ、1個1,980円だったので、これだけ揃えると、それなりにお値段がかかりましたアセアセ

でも、せっかくの新居なので、気に入ったものを使いたくてコレにしました。


収納棚の下は、床下点検口があります。

{AE6F548F-C480-4623-8B0E-2BD74A1A58C0}


図面と少しだけ位置が違いますが、足で踏む場所に点検口を付けたくなかったので、棚の下にくるようにずらしました。

今の棚の高さなら、棚を取り外さなくても点検口に人が入る事ができますが、可動棚にしたので、もし邪魔になる場合は棚を取り外す事もできます。

この写真では退かして撮影していますが、この点検口の辺りに洗濯物カゴを置いています。


それから、照明。

脱衣室の照明も人感センサーです。
(洗面室と連動させています。)

{E7F9DEC4-FCEF-4D4C-8DF9-F12320D22043}


脱衣室の窓は、面格子付きで、ルーバーを付けました。

ルーバーを閉めたら、外から見えません。

ルーバーを閉めた状態

{77D5E8C8-6B11-4940-8992-01FC8FFAAE4B}


この窓の上部には、壁付け扇風機を付けるためのコンセントを付けました。

そして、扇風機を付ける予定の壁には下地を入れてもらっています。

今年の夏は付けなかったけど、来年は扇風機を付けるかも・・・



脱衣室の床は、フローリングではなくて、水に強いクッションフロアにしました。

{183F6789-633B-490A-9845-D61313F4CDB2}

色は白っぽい明るめ。


そうそう、脱衣室のドアですが、こちらにもチャイルドロックを付けました。

{0AF358B0-D9AF-4C71-91D4-C9E7307D4C94}


子供のお風呂場での事故防止のために。

これ。

{4B7BC94F-F5DF-4CFA-9D70-5BFAA3A3D98F}

でも、お風呂場のドアにチャイルドロックが付いていたので、脱衣室のドアまでは付ける必要はなかったかな?と思いました。

脱衣室のチャイルドロックは今の所、使っていません。


脱衣室に入って右側がお風呂場です。

{865ABD76-8156-4163-83F5-6EA1F0B54084}


次回のWEB内覧会は、お風呂場をご紹介します。

でも、何のこだわりも無いフツーのお風呂なので、次回はサクッと終わる予定ニヤリ


(最後まで読んでくれた方、いるんだろうか・・・滝汗もしいたら、お読みいただきありがとうございますm(__)mペコリ



【WEB内覧会はこちらからどうぞ】



ランキングに参加しています

AD

コメント(4)