不良座位姿勢が様々な健康被害を生むことを、今までお話ししてきました。では不良座位姿勢は、どうして起こる?のでしょう。もしかしたら読者の中には、「不良座位姿勢は、心の乱れだ!」と考えた人がいるかもしれませんね。特に日本人は、昔から姿勢と精神を結び付ける風習がありますから。

私の長いシーティング経験からお話しますと、不良座位というのは精神論でなく3つの要因(fig6-1があることに気付きました。

fig 6-1 不良坐位の原因

それは①「人間は座れない!」という誰も気付いていない事実、②「身体能力の低下」③「道具のミスマッチ」のいずれ、もしくは全てが揃った時に不良座位が起こります。だから「精神が弛んでいる!」という日本古来の精神論はありません。しかしその逆の「座位姿勢が整うと心身が聡明になる!」現象は多く確認できています。そしてこの問題を解決するのが、シーティングという技術であり、それを行える者がシーティングエンジニアです。①~③に関しては、以降、じっくり説明していきます。また来週の月曜日に、お会いしましょう。

 

令和元年7月4日 ももはクリニック石坂 串田 英之