地域での多職種連携

テーマ:

富士市交流プラザで行われました『在宅重症心身障害児者対応他職種連携研修』へ参加してきました。

医師、看護師をはじめとしたこどもの医療の専門家が揃った病院で受けていたような医療中心の生活から、家族と過ごす在宅へ。

どうしたらこども達が安全に、そして楽しく生活することが出来るのか?

医療の視点だけではそれは満たされず、地域の福祉資源の活用が必要となります。

こどものリハビリに関わらせていただいて10数年

様々な形でこども達とご家族と向き合ってきましたが、富士市の持つ福祉資源において、まだまだ知らないことも沢山ありました。

生活の場、地元でこども達を支える輪のほんの小さな力ですが、これからもよろしくお願い致します。

 

ももはクリニック石坂

理学療法士 縄田琴美