「South Indian Veg Meals」SIMコース ベーシック第一期終了! | 桃草舎 -南インドのアーユルヴェーディックな家庭料理教室-

桃草舎 -南インドのアーユルヴェーディックな家庭料理教室-

桃草舎(とうそうしゃ)... 南インドのお母さんたちから学んだアーユルヴェーディックな家庭料理教室を関西各地で開催しています。

 

 

今年の4月にスタートした新コース

「South Indian Veg Meals」(SIMコース)Basicクラス第一期が修了いたしました~!

 

20名のみなさまお疲れさまでした。

みなさん本当に集中してがんばった!

今回はこのコースを写真たっぷりに振り返ってみたいとおもいます。

 

定期コースは今までもやってきましたが、今回のように5回のレッスンを通して

段階的に一つのことを学んでいくというコースは桃草舎では初の試みでした。

 

このコースでは、南インドの基礎ともいえる「ベジミールス」に焦点をあてて、

さらにそのベジミールスのバランスの素晴らしいタミル・ナードゥ州に場所も定めて、

基本的なことを学んでいくコースでした。

 

 

ベーシッククラスとはいえ、内容はかなりマニアック。

 

毎回1時間以上の座学から講座はスタートします。

座学では、食事を作るとき・食べる前にとなえるマントラから、

南インドの文化や歴史、カーストや浄・不浄といったインドならではの考え方なども盛り込んでいます。

 

そして、ミールスの組み立ての考え方を、野菜の選び方、季節の考え方、

インドならではの組み合わせなどからじっくりとお伝えしていきます。

 

 

 

調理は毎回5~6品以上。

トータルで30以上のレシピをお伝えしました。

実際に見て、嗅いで、音を聞いて、味見をして、触ってみて、五感を使って進めていきます。

 

 

 

 

調味料や調理器具は、できるだけ現地と同じものを使うようにしています。

 

そのお鍋だからこその味があるから。

その器具にしかできない調理方法があるから。

本物の味を知ることが一番の勉強だから。

 

日本で買えないものはもちろん代替品もお伝え。

 

 

 

毎回、テーマを決めてお料理を学んでいきます。

 

基本となるサンバル、ラッサムから

コランブ(汁気のあるカレー)、副菜となるドライのおかず。

ティファン(軽食)に、南インドの大切な文化のバラエティーライス。

スイーツに、インドのお漬物ピックルなど。

 

 

 

 

 

そして毎回、楽しみな試食タイム。

実際に食べて、なぜこの組み合わせが合うのかを実感!

 

なんでラッサムがあるの?

なんでヨーグルトがのってるの?

なんでこのおかずの時はこのカレーって決まってるの?

 

そんな疑問も、食べて納得!!笑

 

 

 

 

 

難しいティファンも、上手に作れるようになりましたね!

 

 

 

食後は、南インドのフィルターコーヒーで〆。

南インドはチャイよりも、コーヒーなんですよ~。

 

ガツンと濃く淹れたチコリ入りの独特な風味の南インドのコーヒーに、

煮詰めた濃い牛乳を合わせて、ふわふわに泡立てて。。。たまらない!!!
 

日本では味わえないこのコーヒー、

「普段はカフェインが苦手でコーヒー飲めないのにこれは大好き!」

のお声をいくつもいただきました。

私も大好きな、フィルターコーヒーです。

 

 

 

そして、5日目は、それまでに学んだことを詰め込んでみんなでメニューを作って

みんなで作り上げるバナナリーフミールス!!!!

フィナーレです!

 

 

 

 

 

 

 

みんなで作った後は、インドからとりよせたパーフェクトなサイズのバナナリーフの上で

本式に手食べでいただきます。

バナナリーフの扱い方からお伝えしますよ~。

 

 

 
 

インドと同じ順番で、同じようにサーブしていきます。

終わらないおかわり地獄!!!笑

 

 

手でさえぎらないと、どんどん盛り付けられちゃう。笑

 

 

サンバル→ラッサム→モール、、、と続いていきます。

 

インド料理自体がほとんど初めて!という方も

5回のコースでバナナリーフミールスを作れるようになりました。

 

 

自分たちで作ったミールス、全部が合わさるとわかるバランス!

もっとこうすればよかったかな、これはすごくいい味に決まった!など

明らかに

「ただ、食べていた頃の自分」

とは違う目線。。。

 

 

そして満腹で、今コースは終了いたしました!!

 

 

 

私自身にとってもこのコースは挑戦でした。

 

この講座の内容でみんなついてきてくれるだろうか、

これでミールスの組み立てが理解してもらえるだろうか、

こんなに現地仕様の味がみんなにわかってもらえるだろうか、、、

 

ぎりぎりまで座学内容も精査して、

ただの上辺だけではない、奥底にある精神的なものまで触れたかった。

インドのそういうところに私は魅了されていたから。

 

そういった意味で、お料理だけではなく、食べることそのものについて考える場にもなり、

いままで何となく知っていた

「ベジミールス」

というものが、どれだけ深い想いがあるものなのか、伝わったと感じています。

 

最終回はみんなちょっとウルっとしたりして。(またすぐに単発レッスンでも会うのに!笑)

 

たった5回のコースでしたが、とても集中力のいる講座でしたし

みなさんのあつい気持ちに背中を押してもらいながら進められたように思います。

 

第一期の皆さんは、3分で埋まった予約を乗り越えた方々だけあって

とても情熱の熱い方々が集まりました!

(中には「私第一期申し込んじゃったけど不安~!ついていけるか自信ない…!」と言われていた方もいらっしゃいましたが、最後までしっかりできてよかった!)

 

20名のみなさま、本当にお疲れさまでした!

遠方から通ってこられたかたもいらっしゃり、毎月来るだけでも大変でしたね。

ありがとうございました。

 

そして5日間がんばってアシスタントをしてくれたまりちゃん、マーコさん、

本当にありがとうございました。

 

 

下矢印日曜コースのみなさま

アシスタントはまりちゃん。

 

 

下矢印月曜コースのみなさま

アシスタントはマーコさん。

↑最終日に月曜コースのみなさまから花束をいただきました。

ありがとうございました!!ラブラブラブ

 

 

 

そして、このコースのもうひとつのイベントは、お食事会~~!!

私の勤務先の「インド食堂タルカ」にて、いろいろ特別料理を作っていただいて

みんなでわいわい食べる!!楽しい会!!

私の職権乱用です!笑

めったに食べられないお料理の数々に、みなさん感動でしたね~~ラブ

私のお師匠さまのお料理を知ってほしいという気持ちもあります。

本当においしいインド料理。ごちそうさまでした。

 

 

↑日曜コースの方々とは、つい先日このお食事会でした。

みんなの都合がつく日程がなかなかなくて、5回コースが終わった後だったので

打ち上げパーティーとなりました。

 

そこでまた皆さんにお花をいただいてしまいました。

いいのでしょうか、こんなことしていただいて!!うれしいです。

 

 

 

そして、なんとこんなアルバムまで作っていただきました。

アシスタントのまりちゃんの偉業です!!!

見てください、この細かい仕事!!

 

 

 

20ページ以上もあり、全部手作りで沢山写真や切り抜きがあって、

それを見ているだけで泣きそうだったのですが、最後にはみんなからのメッセージまで!!

 

 

あああ、こんな幸せなプレゼントは生まれて初めてです。涙。。。

 

インド料理をやってきてよかったと本気で思いました。

みなさん、本当にありがとうございました。宝物にします。

 

これをみると、みなさんにも楽しんでもらえたんだな~、とうれしさでいっぱいです。

みんなからの愛、たっぷり受け取りました!!!

 

 

 

今回はいろんな方々にお集まりいただきました。

 

すでにインド料理を仕事にされていてさらなるスキルアップのために来られた方、

ヨガをしていて自分のワークショップでミールスを作りたいという方、

主婦で子供や友達にミールスをふるまうのが喜びになったという方、

まったく最後までカタカナが覚えられなくて大変だったけど(笑)、基本をしっかり知れたから楽しかった!という方、

あんまり沢山は家では作れないけど、美味しくて好きだから楽しめた!という方。。。

 

 

年齢も性別もバラバラでしたが、スパイスは人を夢中にさせる何かがありますね。

 

第一期の20名のみなさんのことはこれからこのコースが2期、3期とつづいていっても

なつかしく大好きなメンバーとして忘れないでしょう。

ありがとうございました。

 

 

 

こちらのSIMコースは2020年のはじめに第2期を募集いたします。

私のアトリエが決まり次第、このブログで詳細をお知らせします。(もうすぐお知らせできるカモ!ハート

 

 

桃草舎の

一般参加可能な単発レッスン

 

 

レッスンのご予約はすべて

予約専用サイトにて、ご希望の日程を選択してお申し込みください。

 

予約に関する注意事項

も、初めての方は必ずお目通しください。

よくあるお問合せ事項はすべてこちらに記載しています。
 

 

2019年10月単発レッスン
にんじん秋のめぐみ
10月の単発レッスンもご予約受付中です。
キャンセル待ちの方の数もまだ少な目になっていますので、ご登録頂ければ入れる可能性が高いです。
メニューは、秋鮭のカレーや、焼きナスペーストのカレーなど、秋の味覚たっぷりです。
 

会場はmumokutekiにて(京都四条寺町) →Googleマップはこちら


●Schedule

現在(10/1) の空き状況


全て満席でキャンセル待ちですが、下記のようにキャンセル待ちの少ない日もあります。

そういった日は入れることが多いですので、ぜひご登録ください。


10月
11(金)…キャンセル待ち 少なめ丸レッド
12(土)…キャンセル待ち 少なめ丸レッド
14(月祝)…キャンセル待ち 少なめ丸レッド
15(火)…キャンセル待ち 少なめ丸レッド
26(土)…キャンセル待ち 少なめ丸レッド
27(日)…キャンセル待ち 多めバツレッド
28(月)…キャンセル待ち 多めバツレッド

全て12:00~16:00

 

●MENU

●秋鮭のコランブ

脂ののった秋鮭を使って、南インドスタイルのカレーにします。

 

●焼き秋茄子のゴッス

秋茄子をこんがりスモーキーに焼いて、そのペーストでつくるタミルナードゥ州の家庭料理。

 

●さつまいものチャート

甘いサツマイモと、辛くて酸っぱいスパイス、いろんな味がして思わずわ~!とびっくりするおいしさです。

 

●ダルライス

お豆をつかったシンプルな炊き込みご飯。

 

 

2019年11月単発レッスン
にんじん秋のカルナータカ料理

カルナータカスタイルの海老カレー、バナナバンズなど

 

10月1日20時よりご予約受付開始です!


南インドのカルナータカ州はココナツをたっぷり使ったお料理が特徴的。
朝ごはんにココナツのチャトニをたっぷりつけながら食べるほんのり甘いフカフカのバナナ・バンズは老若男女みんな大好きな味。
今回は、ミントとココナツのソースを作って、バナナ・バンズを頂きましょうラブラブ

その他、カルナータカスタイルの海老のカレーなど!

 

会場はmumokutekiにて(京都四条寺町) →Googleマップはこちら

 

●Schedule

11月
5(火),12(火),22(金),23(土祝),24(日),25(月),26(火)
全て12:00~16:00

 

●MENU

*カルナータカ州の海老カレー
*バナナ・バンズ
*ミント・ココナツ・チャトニ
*根菜のサブジ

日替わりのおまけの品もたっぷりお持ちします✨
食後のマサラチャイも、ふわふわに泡立てて頂きましょう。

 

 

 

ランチ出店

2019年11月8日
にんじん月とカヌー鈴木匠・よし子さんによる「こよみのお話会」

”はからめ月のカレンダー”でおなじみの
月とカヌー鈴木匠・よし子さんによる、
暦を通して世の中の仕組みやあれこれにせまり、
思いを馳せるお話会。
お申し込みはFacebookページからお願いします。



●月とカヌー「こよみのお話会」

* 第一部 「暦のよみ方」(1時間30分)
 「はからめ月のカレンダー」を通して、古くから伝わる暦を
 わかりやすく解説します。
 月と地球と太陽の関係、月の満ち欠けと潮汐の関係、他、土用、
 六十干支、九星など、一見難しそうに見える暦をひとつひとつ、
 成り立ちから説明していきます。
 また、ハワイに伝わる独特な月の暦の紹介もさせて頂きます。

*昼食 桃草舎さん 南インドのベジミールスランチ(1時間)
 いろんな味のお惣菜やカレーをご飯とまぜまぜしながら食べます。
 インディアンベジで、ヨーグルトやギーなどの乳製品は使用します

* 第二部 「暦から生き方・物事の本質を考える」(1時間30分)
 「こよみ」から宇宙の仕組み、物事の本質にせまります。
 私たちが暦を作り続けてきてたどりついた考えをみなさんと
 シェアさせていただき、
 その上で、私たちは今をどう生きるのか、ということを話し合います。


《日時》2019年11月8日(金)立冬 10:30~14:30
《参加費》3500円(ランチ代込み❤️)
《予約先》要予約
     ・メール→ shop@biochedo.shop-pro.jp
     ・tel→ 077-529-0028
     ・店先にて
     ・コメント欄やDMでも受け付けます。

 いずれの場合も、こちらからご予約を承りました旨の返事、
 返信をもって受付完了とさせてくださいね

《補足》定員を設けておりますので、
    ご予約は早めに頂けますようお願いします。
    お子様ご一緒の場合、料金は必要ありませんが、会場の準備の為、
    人数を先にお知らせいただけますようお願いします。