ウェディングドレス編 | 桃缶工房

桃缶工房

結婚式の話やら何やら。


テーマ:
いざ自分のドレスを作ろうとしたとき、思い出したのはこの本でした。

手作りドレスでウェディング(月居 良子/文化出版局)
手作りドレスでウェディング/文化出版局
¥1,890
Amazon.co.jp

小学校の頃から、地元の図書館で見てあこがれていた本です。
ここに載っているデザインをベースに、あれこれ頑張って作ってみました。

結果がこちら。

front
 

back
 

使った生地は、以前からお世話になっていた「生地屋本店」さん。

ドレス本体はMB8410:サテンクレープ カラーNo.:200(オフホワイト)を6mくらい。
飾りのシフォンは、CS7400:50Dシフォン・ジョーゼット カラーNo:202(ホワイト)を1.5mくらい。

こちらの生地はしわになりにくいのが売りですが、本当にしわがよらなくて助かりました。
制作場所の確保に苦労していたので、いろんな所に丸めて置いていたのに
目立つしわがつかないんです。
しかもサテンなのに洗えるので、水で消えるチャコペンが使えるんですよ~
面倒なきりじつけをしなくてもOK!
部分的にぬらすと色ムラができるようなので、
完成後は思い切って全体を丸洗いしました。
(洗濯機に放り込む勇気はなかったので、風呂場でシャワー掛けました…)

光沢も手触りもすばらしいです。
縫うときはさすがに若干の縫いずれがありましたが、
しつけをちゃんとすれば大丈夫でした^^
素人写真ではこのすばらしい光沢がよく伝わらないですが、
会場のカメラマンに撮ってもらうのが楽しみです
生地がいいと、縫製が多少ダメでも良い出来に見えるので助かります…

写真ではよく見えないですが、サテンとシフォンのつなぎ目には
こだわりのバラレースを縫いつけてあるんですよ~

構想から1年かかってやっと出来上がりましたが、
頑張ったかいがありました~
カラードレスを作り終わって、余裕があったらトレーンも作りたいですな。

桃缶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス