さよならKobe | もっくん&まっくんのLAライフ
新型コロナウイルスに関する情報について

もっくん&まっくんのLAライフ

食べる事、飲む事が大好きな
LA在住の利き酒師

今日のLAは晴れ。

 

昨日はLA市民にとっては本当に悲しい日になってしまいましたね。

もちろんLAだけではなく世界中のファンにとって悲しい一日なってしまいましたが、やはり地元のLA市民に与えたショックは計り知れません。

 

みんなに愛されたNBAのスーパーヒーロー Kobe Bryant

まさかの墜落事故。

 

8番をつけていたあの3連覇時代に、何度もステープルセンターに行ったことを思い出します。

 

いや~

ほんとに言葉になりません。

 

まだ最終的な原因は発表されていませんが、回収されたブラックボックスに記録されていた管制塔との会話記録には、濃霧での視界不良を訴えていたとか。

 

現役を引退して第二の人生をスタートさせたばかりだったのに・・・

 

昨日のグラミー賞授賞式では、オープニングでアリシア・キーズとBoyzⅡMenによる追悼パフォーマンスが行われました。

会場場はKobeが所属していたLAレーカーズの本拠地ステープルセンターだったので、余計に胸にグッとくるものがありました。

あの場所で何度もKobeのスーパープレーを見てきたのに・・・本当に残念です。

 

その時の映像はこちら↓

 

 

 

 

 

Kobeがアメリカで活躍し始めた2000年代初め。

かれの名前の由来がメディアで取り上げられるようになると、神戸牛人気に一気に火が付いたんですよ。

 

Kobeのお父さんがインタビューで、夫婦で食事をしたお店「神戸ステーキハウス」のステーキに感動して生まれてくる子供にKobeと名付けすよと店主に約束したんだとか。

 

この話が全米で話題になり、Kobe Beefは一気に認知度を上げ、日本の最高級のビーフといえばKobe Beefと多くの人が覚えましたね。

 

いまだにWagyuという表記より、Kobe Beefのほうが喜ぶアメリカ人が多いですから。

近江牛、鹿児島牛、松坂牛、三田牛などなど、日本に乱立しているどのブランド牛よりも海外での知名度は神戸牛が断トツ!

ついにはKobe Style Beefなんていうアメリカ産のビーフも登場して、アメリカの牛肉市場にもイノベーションを与えましたからね~

Kobeの影響力は本当に凄かったな~

 

彼のプレーをライブで見れたことに感謝。

ありがとうKobe。

LA市民として、君を誇りに思うよ。

さようならは辛いけど、心からご冥福をお祈りいたします。

安らかにお眠りください。

 

Kobe Bean Bryant

1978-2020 41歳没