アルゼンチンステーキ屋で、もらった、骨のお土産が、凄かった! | メキシコで保護犬飼い★駐在妻のwan日記

メキシコで保護犬飼い★駐在妻のwan日記

グアナファト州レオン市で暮らす、日本人夫婦が、さまざまな事情で、集まった保護犬3匹と暮らす。
アメリカンコッカースパニエルの太郎、メキシコの工事現場に居た野良犬(雑種)の茶々、飼い主が第3国へ転勤してしまったビーグル犬チビ。

イラプアト市の、ステーキハウスで、すごいお土産を、もらいました。
巨大骨。
牛の、アバラ骨かな?
人間の肘から、手の先まであるー。
デカイ。
チビ爺さんが、くれくれと狂喜して、中庭で、独り占め。
カルメンも、欲しそうだけど。
チビが、唸りながら、軟骨を食べ終わるまで、ジーっと我慢。
カルメンは基本、チビに、優しいような?
先日は、チビの顔に、噛み付いたけど。(^^;
※チビが、カルメンのボールを奪ったから。
チビが、飽きるまで、ジーっと待つカルメン。
まだかなー。
まだかなー。
まだかなーー。
で。
やっとカルメンの番が、やって来ました。
もう食べるところ、無いけど。
カルメンの次は、太郎の番だよー。
もう拗ねてる、太郎。
チビは、満足気な眠りで。
たまにハッとして、「すごいイイコト思いついた!」って、飛び起きて、中庭の骨を、見に行くチビ。
でももう、食べるところ、無いからねー。
頭の良い太郎が、いじけるので…。
太郎には、小さいガムを、あげました。
カルメンは、その後も、ものすごい咀嚼力で、骨の髄?を、少し食べてました。
タダのお土産で、丸1日、大興奮。
楽しませて、頂きました(⌒▽⌒)

メキシコ情報、犬&海外生活は、こちら↓
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ