No.48:桃「あかつき」の摘果 | I Love 桃                       おいしい桃販売@福島飯坂

テーマ:

我が家も、あと半月でモモの収穫に突入です。

 

その前の、大事な!大事な!摘果作業(4回目!)が

7/6にようやく完了しました。

「うまくて、でっかいの」を作るためには、

この時期の摘果がもっとも大事でして。

 

この時期になると、

モモが急激に育ち始めるので、

モモの種の良し悪しの状態がはっきりわかってきます。

なので、確実に良いものだけを選んで

残していくことができるのです。

 

これが良いほう。

 

こっちは悪いほう

 

ねっ、微妙に形が違うでしょ?

 

悪い方は、生育の途中で種が死んでしまう可能性が高く、

そうなると、味も香りもいまいちなモモになってしまいます。

なので、良いモモだけを残すのってすごく大事。

 

我が家の場合は、

一般的な栽培指導よりも

多めにならせておいて、

この摘果でもがっつり落とします。

 

畑はこんな感じになり、

 

気をつけて歩かないと、

モモを踏んで、足を捻挫してしまいます(^o^;)

 

収穫の前までたくさんならせておくので、

木の勢いの管理とか

注意しないといけないことはあり、

手間はかかりますが、

満足のいくできに仕上がるとうれしいですね。

 

ちょっと写真が見づらいですが、

仕上がるとこんな感じです。

 

 

あとは反射シートを敷いて、

収穫を待つだけ。

 

美味しい桃、

今年もお届けできるかな?

お天道様、よろしくね。

みっち~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス