No.47:りんごの受粉 | I Love 桃                       おいしい桃販売@福島飯坂

テーマ:

今年は季節が

かなり駆け足で進んでいて、

農家はてんやわんや。

 

例年ならGWに咲くはずのりんごの花が

ぽかぽか陽気で一気に満開です。

 

こうなると、

我が家も含めて、

りんごを作っている農家は受粉作業で大忙し。

 

りんごは、ちょっとへそ曲がりなのか、

自分と同じ品種の花粉では結実しないんです。

なので、他の品種の花粉を付けてやる必要があります。

 

たとえば、「ふじ」に「王林」の花粉をつけるとか。

 

しかも、期間は花が散るまでの2~3日以内。

ちょ~、大変です。

 

花を摘んで、

 

採葯器で、おしべを取り出して、

 

開葯器で、乾燥させて、花粉を出させて、

 

そして、

満開の花1つ1つに綿帽子(正式名称:梵天)を使って、

ポンポンとつけてあげます。

 

ちなみに、我が家では、

前年に採取して、冷凍保存しておいた、

「ふじぽん」という品種の花粉をつけています。

 

1年前の花粉が本当に使えるか??

という不安もありますが、

発芽試験をすると、

こんな感じで、

にょろにょろ元気に発芽してくれてるので、

きちんとめしべに付けば、

実になりそうです。

 

ちなみに、中国の輸入花粉も入手してみましたが、

発芽率は....

やはり中国品質のようです。
 

りんごの栽培は、奥が深くて楽しいんですが、

ほんと手間ものですわぁ。

 

みっち~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス