あなたの冷え、どこから? ~わたしは全身~ | 奈良@生駒 Siesta~シエスタ~ のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

奈良@生駒 Siesta~シエスタ~ のブログ

奈良 生駒市でBODY専門サロンをしています。

東洋医学、解剖生理学、心理学などをベースに
何かお役に立てる情報を いろいろな角度から
できるだけ解りやすくお伝えできればいいなーっと思ってます☆

さて、今回は
●全身が冷えるタイプ 



   ●手足・足先が冷えるタイプ
   身体が虚弱したタイプ

   ●下半身が冷えるタイプ
   虚弱し続け、機能が停滞してるタイプ

   ●内臓が冷えるタイプ 
   停滞して要らないものが蓄積したタイプ


今回ご紹介の全身冷えタイプの方は
冷えの症状としては横綱級富士山

まずひとつ目が
体感としての冷え(手足、下半身など)はもちろん
お腹(内臓)も冷えているので
お風呂などで温まってもすぐに冷えを感じるタイプ。

こちら、実は「気虚」が悪化した状態
冷える、寒い、冷たい…といった
とにかく寒い寒いと言い続けるイメージオッドアイ猫

(寒虚証)


これ「陽虚」といって
元々、備わってるはずの"温める力"が
弱ってしまった
んですね。

高齢の方、
虚弱体質、慢性疾患、
病中・病後などで体力が落ちてる方
はもちろん

疲れが溜まっていたり
不摂生な生活や
睡眠不足が続いていると

たとえ一時的だとしても
体を温める力 や 保温力 が弱まります。



で、ふたつ目はその真逆で
火照る、寝汗、だるい、痩せる…など
冷えの自覚症状は全くないタイプ。

体が冷え過ぎているもんで
芯部が
「これ、アカンやつですわ真顔!病気になりまっせ!」と
脳に報告して
どんどん体内の暖房機能を全開にしてる、というのかな。

カーっと体に熱を帯びてるイメージ。

なので、真冬でも 
氷やアイスクリーム、冷たい飲み物など
全然へっちゃらだし

お洋服も、薄着傾向に。

こちらは「陰虚」といって
元々は「血虚・水分不足」が悪化した状態の
暑がり屋さん

(熱虚証)

いろんな原因が考えられるけど
ストレスや不規則な生活による
自律神経の乱れ
、というのも大きな理由になりそう。



身体って、中庸(真ん中)が理想とされていて
どちらかに偏るほど

何らかの症状が出てくるもので

今回の二つのパターンは
気や血のバランスが
崩れに崩れた結果、

陰と陽の両極端に行ってしまいました~笑い泣き

…といったところでしょうか。





  クローバークローバークローバークローバークローバークローバー


2月24日はうお座新月でしたねお月様

 

 

 

何かのきっかけで
前に進めなくなってしまった時

それは
甘えでもなく
頑張りや努力が足りないのでもなく


むしろ ずっとずっと長い間、
頑張ってきたり
我慢してきたり
不安や不満、そして怒りに蓋をして
無かったことにしてきてしまい

どれが自分の本当の気持ちなのか
何をしていけばいいのか
わからなくなってしまった結果…
なのかもしれません。


喜びも
悲しみも
何がしたいのか
何が好きで
何が嫌いなのか…


今回の新月は
そんな素直な感情を取り戻す
お手伝いをしてくれるような
働きがあるそうですよ。

どんな瞬間も
自分のためにあるのです。

それを最大限に生かすためにも
遠慮なく
ご自身の本当の気持ちを
感じてあげてくださいねクローバー


どなたさまにとっても
素敵な新月になりますように虹

 


       女性専用BODYサロン     
        Siesta~シエスタ~
       Total health coordinator
            もうり かえ

     東洋医学(経絡)、筋肉、骨、リンパ、
     心理学、スピリチュアルの6方向より
 お身体の様々な不調や不妊などにアプローチしています。
      https://www.withsiesta.com/