体質によって違う"冷えの改善方法" | 奈良@生駒 Siesta~シエスタ~ のブログ

奈良@生駒 Siesta~シエスタ~ のブログ

奈良 生駒市でBODY専門サロンをしています。

東洋医学、解剖生理学、心理学などをベースに
何かお役に立てる情報を いろいろな角度から
できるだけ解りやすくお伝えできればいいなーっと思ってます☆

今日から季節は大雪雪
冬が深まってきましたね。


永遠のテーマである「冷え」も

症状の感じ方や

体質によって
改善方法は全く違ってきます。


それは
原因が違うから。


例えばね

●手先・足先など末端が冷える
●内蔵が冷える
●下半身は冷えるけど上半身は熱い(のぼせ)

これ、全て"冷え"の症状だけど

原因が違うから
同じ冷えでも

感じ方(症状)が違う



なので今、あなたが頑張ってる対処方法は
もしかしたら
効果がナイどころか
間違ってるかもしれません。

 



ウイルスや急性疾患を除けば
ほとんどの病気の原因は
「冷え」から、と言われています。



だけど西洋医学的には

「冷え」という病気はなくて
("冷え性"という分類)

自律神経の乱れですね
とか
血流が悪いですね、などで
終わってしまうことが殆ど。


最近は漢方薬を出してくださる
ドクターも増えてきましたが

例えば
「風邪には葛根湯!」みたいな
(↑厳密に言うとちょっと違う)

原因をすっ飛ばして
その症状にはコレ!みたいな戦法で
処方されることも少なくなくて

その処方で、本当に効くのかな?
…なら、まだマシな方で

逆に体調を崩した、というケースも
チラホラ聞こえてきたりします。


笑い泣き

ドクターをディスってるわけでは
ありません、本当に笑い泣きあせる

そ、そういう意味ではなくてあせるあせるあせる

 

 

西洋医学は

結果(数値) → 対処方法 で

当たれば即効性があり

 

東洋医学・漢方医学は

結果 → 原因 → 対処方法 

即効性は期待できないけど

根本を改善していきましょう…

 

というスタンスの違い、です。

 

 

なので、

この症状にはこれ!
(冷えはただ温めれば良い!的な)
という固定概念ではなくて


この症状になるには
こんな原因だから
じゃあ、どういう対処方法でいくか
っていうところをね


東洋医学的な視点から
お伝えできればいいな、と
思っておりますニコニコ


冷え(未病)は体内での
エネルギー、血、水のバランスが
崩れてきてますよ~のサインです。

ぜひ、そのサインを
聞き入れてあげてくださいクローバー



次回からは
冷えを感じる部分から
冷え性のタイプを分類し、

原因と対策を
アップしていく予定です。

よろしくお願いします(^^)


  雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶


2週間後は「冬至」ですね。

エネルギーが陰から陽へ切り替わる
大事な変換ポイント。


エネルギーが変わる時は
大切なものが壊れたり
人間関係に変化があったりするようです。

こ、これはっ!
幸先の良いスタートが切れるかもキラキラ
よしっ、頑張ろ照れ

 

 

 

今日も あたたかな愛と光が 
皆さまに たくさんたくさん降りそそぎますように虹


       女性専用BODYサロン     
        Siesta~シエスタ~
       Total health coordinator
            もうり かえ

     東洋医学(経絡)、筋肉、骨、リンパ、
     心理学、スピリチュアルの6方向より
 お身体の様々な不調や不妊などにアプローチしています。
      https://www.withsiesta.com/