こころ と からだは こんなにも繫がっている! | 奈良@生駒 Siesta~シエスタ~ のブログ

奈良@生駒 Siesta~シエスタ~ のブログ

奈良 生駒市でBODY専門サロンをしています。

東洋医学、解剖生理学、心理学などをベースに
何かお役に立てる情報を いろいろな角度から
できるだけ解りやすくお伝えできればいいなーっと思ってます☆

今日は初心にかえって
からだ と こころって
こんなにも繋がってるんだよ、っていうお話を
東洋医学の観点からお届けさせてもらいますね照れ


秋、といえば
食欲の秋、スポーツの秋、
そして 実りの秋、と
とてもアクティブで、充実した季節のイメージ。

だけど一方では 暑かった夏が終わり
ちょぴっと寂しくなる季節。
センチメンタルになってみたり
ネガティブモードになってみたり…

それもそのはず、秋は
東洋医学で「秋=悲しみ」の季節でもあるからもみじ



そもそも東洋医学の考え方として
陰陽と五行っていう関係性が前提にあって

その役割が
木 : 春   肝・・・怒り
土 : 梅雨  脾(胃)・・・思い
火 : 夏   心・・・喜び
金 : 秋   肺・・・悲しみ
水 : 冬   腎・・・不安・恐れ

…と言われてるんですね。

で、この五行の関係って
どれが特別、とかではなくて
お互いに尊重し合ってるからこそ、の
ちょっと複雑な絡みがあり・・・
お互いが、お互いを支え合ってるんですねシャンパンロゼワイン
 

相剋(そうこく:相手を滅ぼす関係) 
  木(肝) → 土(脾) → 水(腎) → 火(心) → 金(肺) 

相生(そうせい:相手の手助けをする関係) 
  木(肝) → 火(心) → 土(脾) → 金(肺) → 水(腎)

 

↑たとえば
木(肝)は火(心)を助けるけど、土(脾)には当たり散らす
  とか
土(脾)は金(肺)の力になるけど、水(腎)へは甘えまくる
  とか。 そんなイメージです。


 

 クローバークローバークローバー


例えば、ですけど
あれ?って思う出来事が
ちょっと起こったとします。

この、あれ?っていうのは
不快、だったり 

不思議だったり
とにかく何か"引っかかる"から
あれ?って思う、んですけど

この時点で心が違和感を起こしてるので
」が警報
を鳴らしてるんですよね。


で、警報鳴ったもんで
あれ?何の警報だ?って
ちょっと考えちゃう

すぐに解決すれば終わるんだけど
深みにハマると あれやこれやと悩んでしまう・・・
この考えたり、悩むっていうのは、脾(胃)の役割でね。

で、悩むとどうしてもネガティブモードになる。
イライラしてくることもあるけれど。
その怒りを抑えるのも含め
さて…どうしよう、って悩む。

いろいろ考えをこねくり回しているうちに
最悪のこと考えたりして。

それって不安だったり
緊張、嫌悪感、恐れ、罪悪感
うん、なんか書いててイヤな感じになってきたけど
これはの役割。


そうするとね、
そんな状況を何とかしようとするから
つい、こころが頑張ってしまうんですよね。
尽くしすぎたり
良い人であろうと頑張ったり
自分を奮い立たせて、感情が暴走してしまうんです。
これ、


で、これで解決すればいいんだけど。
仮にその場が収まったとしても。
自分に嘘ついて頑張った結果だとすれば
本当の自分は
辛い
んだよね。

わかってほしくて、切なさがこみ上げる
本当はそうじゃないのに、って。
わたし、本当は特別に頑張ったんだよ、って
満たされてないから悲しみが起こる
これが

で、悲しみを減らすため、
感じなくさせる(麻痺させる)ために
怒りの炎を相手へぶつける
本当の自分をわかってほしい、とイライラ
なんで自分ばっかり、って辛くなる
いつしか心に蓋をして
自分に内側にある悲しみに触れさせないよう
威張ってみたり、見栄をはったり、人を見下してみたり
これ、の仕業ね。

そしてまた思い悩む
脾(胃)へ戻る、と。


これ、面白いことに
東洋医学の相剋の関係に
ぴったり当てはまるんですよキョロキョロ

…ということは これって
からだの不調を治したら
心のご機嫌も取れるんじゃね?
って思ったりしてます。


もちろん、人それぞれ

いろんな価値観や観念があって。


考え方や行動、言葉ひとつで
人間関係がうまくいったり
簡単に壊れたりすることが多々あるので
からださえ元気であれば
悩みなんてなーーんにもなくなるよ、とは
言えないんですけどね。

だけど、からだが健康になったら
なんだか行動したくなっちゃったり
悩んでるのがバカバカしくなったりするときがあって

"余計なことで"悩む、とか
取り越し苦労とか。
そういうお悩み系は
やっぱりちょっと減るのかな、って
思ってます。


とりあえず、今、必要なこと
からだからちゃんとサインが出てるはずで。

眠い、疲れた、など
基本的な欲求を無視してたら

病気とか、怪我とかで
強制的にお休みを取らされることになったりして

ちゃーんと帳尻りが合うように
なってたりするんですね。


からだってとても素直で
誤魔化しがきかないのでね。

たとえ 思い通りにいかない日があっても
"そんな風なやり方で"

自分の味方してくれたんだな、って
ありがとうって感謝していれば

また頑張れるようになってくれるみたい筋肉


できた日はもちろん!
できなかった日のわたしにも
全部OK出して
ゆるゆるを 頑張ってみませんかショボーン


ちょっと頑張り過ぎてしまって
おからだの調節方法がわからなくなった時は
Siestaで。

 

お待ちしてますねクローバー

 

 

今日も あたたかな愛と光が 
皆さまに たくさんたくさん降りそそぎますように虹


       女性専用BODYサロン 

         Siesta~シエスタ~
       Total health coordinator
            もうり かえ

     東洋医学(経絡)、筋肉、骨、リンパ、
     心理学、スピリチュアルの6方向より
 お身体の様々な不調や不妊などにアプローチしています。
      https://www.withsiesta.com/