今日は両親と久しぶりに映画&ご飯!


今日風つよい!!!!!さむい!


今話題になってる、
「ジョジョ・ラビット」を観てきました。


前情報ゼロの状態で行ったのですが、
(いつも絶対観に行きたい映画は、頑なに情報を目にしないようにしています、おもしろい!って噂だけを信じて、内容はシャットアウト!!先入観なしの方が私は楽しめるからウインク


ポスターの写真も極力みないようにしてたから、全然わかってなかったんだけど、戦争の話で、思ってたよりも遥かに衝撃的な内容でした…!!
(これを読んでしまったことで先入観を与えてしまってごめんなさい滝汗

ただ、最後はあたたかい涙がじんわりする、そんな映画でした…



上の写真でもわかるように、お母さんは大号泣。
父様は泣いてません、私は最後ほろっとしました。


観てる人によって感じ方が違う。
それが映画の楽しいところだと思いますデレデレ 
ただ、流す涙の量が映画の良さではないこともわかってます!

何が正しくて、何が正しくないかを決めつけることってこわいこと。

「誰が正しいかじゃなくて何が正しいか。」
って言葉は10年以上前から私の教訓にしています。 
その「何が正しいか」ってことも、きっと人によっては考え方が偏ってしまうこともあるんだよなぁと思います。

人が言ってることを鵜呑みにするのではなくて、自分がどう感じるかってこと、他の人の主張をちゃんと聞くことってすごく大事なことだな、って改めて思いました。

昔では通用しなかったことだろうけど、
今なら…!!
と思ったのでした。


ただいま2軒目デレデレラブラブ