和風ローストチキン【レシピ】 | 【シドニー生活】2018年3月〜 オーストラリア育ちの日本人彼との生活

【シドニー生活】2018年3月〜 オーストラリア育ちの日本人彼との生活

2018年3月~ シドニー生活日記★
Working Holiday→Partner Visa の道のりの記録

約2週間ほど前から専業主婦に戻りました風船

おかげさまで時間がたっぷりできました。

 

料理する時間が増え、余裕持ってしっかり食材と向き合いながら作るのが楽しい。

日中一人で、人参に向かって「今日は皮硬いね〜しっかり剥いてあげるね」

そういう独り言増えてる。

 

毎日作ったことのない国の料理、自分流の何か作りたい。

今のところ、オーストラリアきて一番作るのが楽しいのはやはり

 

Roast Chicken

 

彼もローストチキンが大好物だし、コスパ悪くないし、

日本では「クリスマス」イメージですよね

 

 

いつものローストチキンは洋風で皮にバターを入れ、鶏の中に色んな詰め物を入れて焼くのが多かったです。

これも評判良いのでリピしてましたが、今回は

 

和風ローストチキン

マリネ液作る→約1時間〜1晩漬ける→焼く

 

 

昨年お料理教室で仕込んだひよこ豆の味噌が大量にできたので、それを使いたいというのもありまして・・!

色々ネットでレシピ探したのですが、なかなか丸鶏を味噌漬けしているのが見つからず・・・

 

とりあえずは今回のローストは鶏肉に中身を詰めないことにしたので、Butterflied Chickenを探しました。

 

Butterflied Chickenは丸鶏が平たい状態で売っていることを言います。Harris Farmで約8ドル。

この子は1キロ弱。この大きさだと2人で余裕で完食しちゃいます(笑)

 

 

日本ではなかなか丸鶏なんか手っ取り早く変えないと思いますので、普通の手羽元、皮つきモモ肉、皮つき胸肉、あれば大き目の足(英語:Chicken Marylands)でも焼けると思います。

色んな部位を混ぜて、組み合わせるのおすすめ。ホームパーティーとかもにも良さそう!

 

*レシピではひよこ豆味噌を使っています。

このお味噌は普通のスーパーで売っている味噌に比べて塩分かなり少ないので、

分量を少し減らす(または醤油の分量を減らす)と良いかもです。味見にしてください!*

 

<材料>

⭐︎鶏肉:1羽(1キロ弱)または好きな皮付きの鶏肉

・にんにく:4かけ〜5かけ

・生姜:3センチほど

・ひよこ豆味噌:大さじ4強

・醤油:大さじ4〜5

・酒:大さじ4

・みりん:大さじ5

・みかんの皮:1個分(今回入れたけど、意味あったのかわからないからなければ無しでOK)

 

 

<手順 ① >

1)鶏肉の皮にフォークでぶすぶす穴あけて、塩もみ。一旦放置

鶏肉柔らかく、味染み込みやすくなります

 

2)ジップロックににんにく&生姜&みかんの皮は粗いみじん切り、味見しながらその他調味料を混ぜ合わせ

 

 

3)鶏肉を2のジップロックへ入れてモミモミ、空気抜いて冷蔵庫へ。最低1時間〜1晩寝かせます。

マリネ時間が長ければ長いほど美味しい

もはやなんなのかわからない(笑)

 

 

 

焼くのは2段階です

(1)そのまま焼く → (2)軽く蓋して焼く

最初にそのまま焼いて、皮をパリッとさせます。なぜそのまま最後まで焼かないのか?

味噌は焦げますので、(2)はせっかくパリッとさせた皮を守りつつ、しっかり肉に火を通すためです。

 

 

<手順 ② >

1)鶏肉は焼く1時間前ぐらい冷蔵庫から取り出して常温に戻す

 

2)オーブン220度に予熱

 

3)鉄板やトレイにアルミフォイルを2重、その上からクッキングシートを敷く

 

4)鶏肉をジップロックから取り出して3へ、皮を上向きにして載せます

皮を上向きにすることによって、パリッとなります。

 

5)余ったマリネ液を半量ぐらい鶏肉にかける

 

6)まずそのままオーブンへ15分〜20分。放置しないでちゃんと見てあげて!

味噌焦げるので、このぐらいの色味になるまで。

これは20分!出っ張りのある手羽先や手羽元がギャー!焦げ!でも全然大丈夫

 

6)一旦取り出して、残りのマリネ液をかけて、軽くフォイルをかぶせます。

フォイルは皮に密着させないで、軽くかぶせる程度でOK。密着させてしまうと外す時に皮も剥がれてしまいます。

 

6)再びオーブンへ20分

フォイルがあるので味噌による表面焦げの心配はもうありません♪フー

 

7)取り出して、アルミそのまま15分放置して完成生ビール

放置することによって、鶏肉が冷めるとともに旨味がぎゅっと濃縮されます。お腹空いたけどここは気長に待ちます。

 

↑こちら最終形

フォイルをかぶせたので、最初に取り出した時から焦げていないウインク

 

あとは包丁で切り分けるだけ。適当に、軟骨部分をゴリゴリ。

 

 

この夜はHarris Farmでケールがひと束1ドルと激安だったので

シンプル塩コショウオリーブオイルで揉み込んだサラダ。

 

そしてポテトサラダはフェンネルの茎を薄くスライスして、

赤たまねぎときゅうりを混ぜ込んだちょっといつもと違った味を楽しめました。マヨは控えめでお酢を足してさっぱりめ。

 

 

次回は丸鶏じゃなく、手羽元など数本マリネして焼いてみようラブ

 

Have a lovely day my friends

 

Momoさくらんぼ

 

 

みんなの絵文字機能なくなってから桃の絵文字がない・・!!!