忘れてました~~~

 

8月8日から11日まで

夫、娘と三人で旅行に行っていました・・・

 

今日は・・・

8月17日・・・ (;^ω^)💦

 

旅行に行く前までは覚えていたのに・・・

 

側彎症の術後・・・ 3年目・・・ (;^ω^)💦

 

高校3年の8月12日に側彎症の手術をして・・・

今は大学3年生・・・

 

そ~なんです・・・

8月12日に 側彎症の術後3年目・・・を迎えました・・・

 

そう・・・ 過ぎてました~~~ (;^ω^)💦

 

日々の生活の中で・・・

忘れてしまう程・・・ (;^ω^)💦

 

側彎症の事・・・

何も考えない・・・

心配事が何もない日々を送っています・・・ (;^ω^)💦

 

本当に・・・

側彎症の事 忘れてしまう・・・

術後は何もない日々です・・・ ( ´艸`)

(再手術の話は出てますが (;^ω^)💦)

 

人によっては・・・

術後も痛みと闘っている方も居るし・・・

 

娘も 再手術の話が出てしまいましたが・・・ (;^ω^)💦

 

でもね・・・

 

日本の側彎症の治療が古いって思うかも知れないけど・・・

 

日々 一歩一歩 進んでるんですよ

 

2017年8月24日

理化学研究所

側彎症の進行に関連する遺伝子を発見

 

http://www.riken.jp/pr/press/2017/20170824_1/

 

と言う事で・・・

 

「今後、側彎進行の予測法の開発、

分子レベルでの思春期特発性側彎症の病態の解明、

側彎進行の予防法や治療薬の開発が期待できます。」

 

という事です・・・

 

考えると 将来・・・

娘が発病したので・・・

娘の娘に遺伝する可能性も有るので・・・

治療薬の開発を心待ちにしています・・・ ( ´艸`)

 

また、

 

滋賀県立小児保健医療センター

 

特発性側彎症治療

 

長い歴史のある疾患ですので、ありとあらゆる治療法が試されてきました。体操、ぶら下がりなどの運動、電気治療、特殊な刺激療法、整体と呼ばれている矯正、各種コルセットによる矯正などです。このなかで唯一有効であることが科学的に証明されたのは、装具による矯正法です。しかしながら、装具療法も現在ある彎曲を改善する効果はなく、進行を止める役割しかありません。また、すべての患者さんの側彎に有効とは限らないことも判っていますし、50-60度を超える彎曲の装具装具療法は困難です。

1960年代から、脊椎に金属の器械を挿入して矯正固定する手術的治療法が盛んに行われるようになりました。この時代までは側方への変形をどう矯正するか、ということが課題となっていましたが、1990年代に入ると、脊柱変形を3次元的にとらえ、側方だけでなく、脊柱回旋ならびに前後方向の変形をどのように矯正するか、ということが論議されることになりました。最近ではイリザロフ法によって矯正を試みることもなされてきました。今日の治療法は、複雑な器械を使って、変形を3次元的に矯正する、というのが主流になっています。私達も手術療法を行う場合には、この流れのなかで治療をおこなっています。

昔とちがって、側彎の手術治療学は驚く程に進歩しています。手術器械の進歩だけでなく、手術中にはモニターで脊髄の安全を監視したりして昔とは比較にならないぐらい安全にできるようになりまた。また麻酔学が進歩したことにより術後の痛みのコントロールも容易になりましたし、以前のように術後のギブス固定は通常不必要となっており、患者さんにとっては昔と比べればはるかに苦痛は軽減しています。

 

中略

 

こうした手術的治療法は、側彎の矯正、進行の防止という点では現在では最も確実な方法です。しかし、本来可動性をもつ脊柱を動かなくしてしまう、という問題点が残されています。もちろん、手術によって脊椎の固定された部分は動かなくなっても日常生活に不自由をもたらすことはありませんが、将来は、先天性股関節脱臼や内反足の治療と同じように、可動性を保ったまま確実に治療が行える時代がくることを信じています。また、私達もそのようになることをめざして研究しています。

 

と言う事で・・・

 

長い歴史のある疾患なのに・・・

側彎症の手術は1960年代から始まり・・・

1990年代になって回旋を伴った治療法が

進められる様になったのですね・・・ (;^ω^)💦

 

側彎症手術の歴史は まだまだ浅いですが

進歩は早いですね ( ´艸`)

 

ただ ただ・・・

 

安全に手術が出来る現代で手術が出来た事を

本当に良かったと思います・・・

 

そして・・・

 

また、何年後かには・・・

もっと良い 治療法が出て来るんでしょうね・・・ (;^ω^)💦

 

それを 望んでいますし・・・

期待したいと思います・・・