ちょいゆるだから、
誰でも続けられるグルテンフリー生活。

そして、グルテンフリーを中心とした食事療法で

私が尋常性乾癬を克服した記録も併せて紹介していきます!

 

はじめまして
グルテンフリー歴1年半のゴリです。

グルテンフリー生活をはじめた理由は、
長年つきあってきた尋常性乾癬という治りづらい病気の克服が目的でした。

乾癬の食事療法を勉強する中で、小麦グルテン、ナス科のアルカロイド、

トランス脂肪酸を含む食品が、乾癬に良くない食品だということを知りました。

 

食事療法をはじめた当初は、ストイックに上記の食品をすべてカットした食生活を送っていたら、1ヶ月も経たないうちに、劇的に乾癬に効果が出たんです!

おまけに体重も3キロくらい落ちゃいました。

 

しかし、ストイック過ぎる食生活に、家族からはブーイング。

私自身も、ながく続けるのがしんどいなぁって感じましたね。

 

もともと食へのこだわりは、
ハンパないので、健康の為とは言え、
美味しい物を我慢し続けて、生きている意味があんのか!?(笑)
と思いはじめました。

 

そこで、トランス脂肪酸を含む牛肉や、ナス科、

小麦グルテンと順番に食べてみて、人体実験をしてみました。
その結果、やはり小麦グルテンを含む食品を食べた翌日から、1週間後に、

乾癬の症状が悪化することがわかりました。


もちろん、私の個人的な体験なので、すべての人に当てはまるとは限りませんが。。

しかも、小麦グルテンを含む食品は、パン、パスタ、ラーメン、ピザなど、

主食系です。一食あたりの分量もかなり多いです。

 

そこで、グルテンフリーを基本に、ナス科、トランス脂肪酸を含む食品は、

控えめに食べる。という感じに、規制緩和してみました。

 

それから、なんと半年で、乾癬がほぼ完治!!

しかも、体型がプロレスラーからMMA(総合格闘家)に変貌!

もちろん、グルテンフリーだけじゃなく、
筋トレや、総合格闘技、ビオチン等のサプリなど複合的な要素で乾癬がほぼ完治したのだと思います。

 

さらに、グルテンフリーをはじめて気がついたことは、

胃腸の調子がとても良くなったということです。

以前は、食後に胃がもたれたり、腸にガスが溜まって苦しかったりしたのが、グルテンフリーをはじめてから、劇的に改善されました。

 

このブログでは、ストイックではないグルテンフリー生活を紹介していきます。
小麦アレルギーの方以外は、グルテンを完全に除去する必要がないと

私は考えています。

 

ストイックにグルテンフリーをやると、醤油などの調味料に至るまで

気をつけなければなりません。

そこまでしなくても、食事から、グルテンをだいぶ削るだけで、

色々と身体に嬉しい変化がおこるはずです。

 

ゆる~く、そして、おいしく。
だから、ながく続けられて、その結果、
効果が実感できる。

そんなグルテンフリー生活を提案出来たら嬉しいです。