もっとも効果的な質問 | 「ネイルサロンのお客さまを増やし売上を上げ自由な人生を手に入れる方法」
☆ 初めてこのブログをご覧頂くサロンオーナーさんへ、まずは、こちらの記事をご覧ください。





● もっとも効果的な質問

門馬です

2月に入って、 コンサルメンバーさん達と 連日、個別セッションをしています。

1月のデーターと昨年12月のデータを 比べながら、これからの 伸びるためのポイントを見つけています。

今日の個別セッションをした コンサルメンバーさんは 一人でプライベートネイルサロンを 経営していますが、

2017年3月からコンサルをはじめました。

2017年の年商が、277万5,494円でした
2018年の年商が、389万3,850円
2019年の年商は、419万3,091円です。

2年間で約110万円から150万円ほど年商が上がっています。

コンサルの料金は、年間40万円くらいなので、 コンサル代金を引いても、 年間70万円〜110万円の利益が出ています。

データをもとに、 そのサロンさんが何をすれば お客さまが増えて、 売上が上がるのか?

それは、すべて、 サロンのデーター、実績に 表れてきます。

そのデーターを正しく検証して 目標を決めて、行動すれば 必ず欲しい成果を手に出来ます。

ーーー

コンサルで、もっとも効果的な質問

フィードバックと フィードフォアード

「私がもっと良くなるためにはどうしたら良いですか?」

「あなたはこうだった」 事実を伝えるのがフィードバックだとしたら

コンサルでもっとも効果がある質問は、 フィードフォアード


「私がもっとも良くなるためには、何が必要ですか?」

という考え方です

ですが、

最初から、 なんでも教えて、教えて、という 依存する形でも上手くいきません。


こんなお話を聞いたことがありますか?

ーーーー

ある人は、飢えた人に、魚をあげた

ある人は、飢えた人に、魚を取ってあげた

ある人は、飢えた人に、魚の取り方を教えた

ある人は、飢えた人に、どうやったら魚を取ることができるかを考えさせた

ある人は、飢えた人に、どうやったら常に飢えなくなるかを考えさせた

ーーーーー

これは、コーチングで よく使われるお話に 私が一部加筆修正を加えたものです。

コーチングとティーチングの 違いについての例ですが

どれが正しいか? ということではありません。

状況によって、 その人によって様々です。

今のあなたなら、 どのレベルですか?

「飢えた人」を 「集客に困っている人」などに置き換えれば、

ご自身のことが よくわかると思います。

それぞれに段階があります。


お客さまをあげるわけにも、 とってあげることもできないので、

サロン経営の場合は

お客さまの集め方を、 最初に教えることが効果的です。

今回のセミナーで、 自宅ネイルサロンでの集客方法をお伝えします。

ーーー

東京まで来れない方は、 ビデオ会議アプリで参加することができます。




2020年2月18日火 開催 【自宅ネイルサロン成功開業セミナー】



お客さまゼロからでも、 自宅ネイルサロンで成功する方法を リアルな方法をお伝えします。

今回の参加費は、格安ですよ。

お客さま3人集める事ができれば、 セミナー代金は元が取れます!


ネイリストさんのための無料のメールセミナーはこちら



・ ネイルサロンでさらに、売上を上げる10の法則 10日間無料メールセミナー