【単価アップに潜むワナ】 | 「ネイルサロンのお客さまを増やし売上を上げ自由な人生を手に入れる方法」


【単価アップに潜むワナ】

夏の繁忙期は、とくに単価アップを考えているサロンさんも多いと思います。

サロン目線とお客さま目線が、大きく異なる部分がこの単価アップの考え方です。

サロンさんはできるだけ単価を高く頂きたい。

逆にお客さまは、出来るだけ安くして欲しい。

もちろん、お客さまも「安かろう、悪かろう」では満足できない。

価格と価値

価格 ≦ 価値

「バリュー 」とは、値ごろ感

最低でも価格と価値が同じか、価格よりも価値が高く感じることが大切

金額の大小ではなく、価格以上の価値をお客さまに感じて頂けるか?が単価アップの際の大切なポイントになります。

どんなカタチで、お客さまに値ごろ感を感じていただけるか?

真の価値をきちんと提供するのは当然として、どんな付加価値を提供できるかがお客さまにご納得頂ける単価アップのポイントでしょう。

真の価値の提供と高い付加価値の提供がお客さまの満足につながります。