【フットネイルチェックシート】フットネイルでお悩みのこと、お困りの事 | 「ネイルサロンのお客さまを増やし売上を上げ自由な人生を手に入れる方法」


●【フットネイルチェックシート】フットネイルでお悩みのこと、お困りの事

こんにちは 門馬です


以前に無料でプレゼントしました「一年中フットネイルが売れるネイリストさんがやっていること50のチェックリスト」へ申し込まれた方のお悩み、ご相談内容をまとめてみました。

フットネイルのどんな事で悩まれているのか?

ご紹介しましょう。


【フットネイルでお悩みのこと、お困りの事はなんですか?】:

ーーー

フットネイルのお客様が少ないことが悩みです。それは、わたしの発信の仕方が足りないことやお客様がやりたい!と思ってもらえるようなサンプルが少ないことが理由かな?と思いい、まずは、そこをやってみようと思っています。1年中フットネイルをやってくださるお客様も少ないですが、夏なのに少ないのは、致命的だと思っています。

ーーー

夏でもフットのお客様が少ない
 ・冷え性で年中靴下履いてるから・・・
 ・汚いから恥ずかしい・・・
 がお客様から聞く理由です

ーーー

日によって3枠に増やしたものの予約枠がいっぱいになりお客様にご迷惑をおかけしてる所もあります。定額ではないので、フットの場合「アートは親指だけでいいわー」と単価が下がりがちです。

ーーー

いつもたくさんの情報をありがとうございます。1年を通してフットネイルをしてくださる方を増やしていきたいと思ってはいますが、先日ねメルマガではないですがムダ毛のお話などはとても参考になりました。声かけてもお断りされたら、何度も言うことをしていませんでした。女性としてフットネイルをしなきゃいけない必要性を感じてもらえるような説明がたりていないと思うので、先生のチェックリストで自分を戒めたくて希望しました。

ーーー

フットネイルは夏だけのものと思い込んでいる方が多く、秋冬はやらないのが当たり前のようになっています。また、ネイリスト側も秋冬にフットネイルをオススメする強い理由が具体的に思い浮かばず、オススメ出来ていないのが現状です。。。

ーーー

今年はまだフットネイルされる方がいないのでフットネイルされるお客様を増やしたいです。

ーーー

夏以外にフットネイルをしてもらうためのアプローチの仕方がわからない。

ーーー

夏が過ぎてもフットのおしゃれを継続して頂きたいがなかなか難しい。

ーーー

夏しか見せないから夏しかやらない、という。見えない季節や見えないところのお手入れ(下着等)のお話しをしても聞いてはくれますが予約はしない。

ーーー

夏しかフットネイルが出ないこと。長持ちするから、ということで、2ヶ月以上や、ワンシーズン、フットジェルを付けっ放しの方もいらっしゃること。足を出すこと自体に抵抗がある方もいらっしゃること。です。

ーーー

 メニューのオーダーが伸び悩む

ーーー

当店がメインにしている40歳以上の方は、自分が納得できる仕上がりになるまで、お手入れに20-30代の方の1.5倍から2倍かかるため、毎回お手入れ時間が長くなってしまい、アートしっかりめの方の場合は完成後はふらふらになります。シンプルビューティーをご案内の仕方を教えてほしいです。「凝ったアートで、肌から目を離させたい」とおっしゃるのですが、そこに共感している自分もいます。。

ーーー

まだまだ準備中の自宅サロンでのフットネイルの施術方法(椅子、フットカート。もしくはオットマン。それともリクライニングソファ)はどようにすればよいかと思案中です。

ーーー

時期1シーズンの単発のお客様が多いです。

ーーー

夏以外のお客様が減る、アート数が少なくなってしまい単価を上げ辛い

ーーー

冬もフットを売りたいです。

ーーー

冬にご希望される方が少ない爪のトラブルを抱えている方が多い

ーーー

フットネイルについて悩み送らせていただきます。・サンダルの時期だからネイル(=夏以外フットネイルはしない)考えの方が多い。そう言われると『そうですよね〜』と私自身もそれ以上勧められなくなる。・冷え性だから夏でも靴下履くから、フットネイルはしない。・そもそもフットネイル自体に関心がない。・やっていただいても、『フットは持つのよね〜』と、そのまま放置。剥がれるまでそのまま…という方も何人かいらして、夏にネイルをして次につながらないまま終わってしまう。・フットのメリットを私自身もきちんとお伝えできていないところ。・フットをやったことのないお客さまへのアプローチ法が分からない(押し売りになってしまうのではないか…メンタルブロックでしょうか)・フットを今までやったことのない方に、失礼の無いように勧めるには?

ーーー

施術の時短

ーーー

 トラブルがある人が多いなと思います。

ーーー

定期的に付け替えに来ないお客さまが多い

ーーー

爪の形が変形してるお客様のお手入れ方法。

ーーー

 秋冬はほとんど出ない事です。

ーーー

特別に困ってることはないです。

ーーー

夏場しか、フットネイルの需要が無い事。

ーーー

フットネイルのご提案が難しいです

ーーー

お客様の足への関心が低い。そして関心を持って貰う為の私の配慮が足らない。

ーーー

年中通してはフットネイルが出ないこと。フットをするには手狭なこと。

ーーー

フットネイルをされるお客様が少ないのでどのようにしたら予約が入るのか、予約の入るのサロンと、どのような差があるのか知りたいです。

ーーー

夏だけの商品になってしまうこと

ーーー

夏しか売れないこと。

ーーー

個人サロンなので手足同時のご予約に倍時間がかかってしまい、もしかしたらそのせいでお客様を取り逃がしているのかもしれないです。忙しい方が多いので別日に分けてのご予約もなかなか難しく・・・改善策を教えてくださいませ

ーーー

施術の場所を取ること。

ーーー

隠れ家的にやっているので、もともとご新規のお客様はあまりいないのですが、既存のお客様でも夏になってもあまりフットをする人がいないのでほとんどフットネイルをする事がない。また、フットネイルは施術の際、体勢が低くなるためやりづらいのと腰が痛くなる。ライトの硬化時。前にいたサロンでやっていたやり方なのですが、ジェルを塗った後に硬化する際、自分がライトを持ってお客様の足にライトを当てて固めているのですが、ライトを当ててる際は他に何も出来ず、思えばかなりの時間ロスになっているきがする。

ーーー

・通年されるお客様が看護師さん限定
・フットネイルは取れないので、2・3か月周期のお客様が多い→周期を早めたい

ーーー

 冬はフットネイルをお休みする人が多い

ーーー

フェイシャルサロンをしてますがいつかネイルも取り入れたいと思ってます

ーーー

ハンドで通われて、フットは自分でやるし、ラメのマニキュアなら取れにくいからいいと言われ、フットネイルの良さが伝えきれずにいる。小指の爪がほとんどないから…とか私の足なんていいの…とか言う方へのアプローチ方法がいまいち苦手です。

ーーー

年中通してでるわけではなく、季節メニューになってしまっていること

ーーー

夏のキャンペーンしか、フットネイルしてくれない人がほとんど。

ーーー

足が汚いのでと、出すのに抵抗がある人がなかなかfootに興味持ってくれない。

ーーー

サンプルをお客様から見える位置に置いてあり、「可愛いなぁ」と言って頂けるものの、なかなかオーダーに繋がらないこと。

ーーー

リピート率が低いこと

ーーー

フットネイルの場所

ーーー

季節で施術数が変わることと、設備の問題ですが腰痛がひどく数をこなすのが辛いことです。

ーーー

夏しかフットネイルしないお客様が多いことと、フットのみ格安の他店やセルフマニキュアをされる方もみられること。フットネイルがしたくなるような上手なアプローチの仕方が分からないです。

ーーー

季節関係なく楽しんで頂きたいがいい促し方がわからない。

ーーー

巻き爪の方のファイルが困難な時がある。オススメしても予約をなかなか取って頂けない。

ーーー

・フットネイルを一年中やるお客様が少ない・フットネイルはサンダルを履く人だけがやるものだと思われていて、その気持ちを帰ることが難しい

ーーー

年間通してフットをやってくださっている方々も多いので、夏以降にオフしてしまう方向けのアプローチを学びたいです

ーーー

ハンドにご来店いただいていても、なかなかフットネイルは、来てくださらない。

ーーー

フットは自分でいいやとなっているお客様が多い。自分でやって満足している。

ーーー

なかなか単価アップしづらい。親指以外の爪が小さいからアートしない方が多い。40代なので自身の腰など態勢が辛くなってきた。

ーーー

フットネイルで悩んでおりますのは、足を出さない冬はフットネイルをしないお客様が多いことです。

ーーー

マシンが使えず時間がかかります。自宅サロンで手狭なためお客様も窮屈な場所で施術しています。リクライニングシートが欲しいのですが、売り上げもないのに先行投資ばかりしても、それだったらまずは売り上げを伸ばしてからの方がいいのでは‥とどちらを先にするべきか迷っています。

ーーー

フットでの困りごとは、毎度同じことにもなりますが、やはり今時期がメインになっていることです。ハンドネイルできないかたにはぜひ一年中楽しんでいただいきたいと思います。そこをうまく宣伝につなぎ、リピーター様になっていただくことかなと思います。

ーーー

巻き爪のかたが多い、トラブルネイルの方が多い

ーーー

既存のお客様にフットのよさを伝えられていません。

ーーー

フットネイルの大事さをうまく伝えたい。フットネイルを一年中続けて欲しい。足にも美意識を持っていただきたい。フットネイルで気持ちが変わることを伝えたい。などです。

ーーー

単価が安いです。

ーーー

スタッフが足りない。

ーーー

1年のうち2回フットネイルして頂けるお客様が数人いるだけであとはハンドで伸び悩んでおります。ぜひチェックシートで見つめなおしてみたいです。よろしくお願いします。

ーーー

今は育休中のため、今年の準備は出来ないのですが、来年に向けて頂いておきたいなと思いました。産前までやっていた感じですと、やはり夏の間しか出ないこと、フットネイルをやらない方に聞くと自分でポリッシュを塗る方が多く、ケアのみの提案をしてみるもなかなか施術には至らず増えない状況でした。

ーーー

ハンドとの施術時間の工夫

ーーー

すすめるきっかけが、つかめない。

ーーー

夏しかフットネイルがでない。お客様に一年中フットネイルしてもらうにはどうおすすめしていいかわからない。

ーーー

一人で施術する中で、フットとの同時施術の予約枠がなかなか入れられない。(ハンドのお客様で時間枠がいっぱいになってしまっている状況)フットネイルのセッティング(フットバスや施術の場所替えなど)に時間がかかるため、滞在時間が長くなってしまう。

ーーー

年間を通して、フットメニューを継続していただけないお客様が多いことです。秋冬も継続していただけるようにしたいです。
 

ーーー

ネイルサンプルの傾向が、以前のものと似ているような気がする。フットケアだけで、フットネイルに全く興味がない方がいる。

ーーー

フットネイルの季節がやってきましたが、フットネイルの売り上げが伸び悩んでいます。フットネイルののデザインチップボードを置いていますが、ハンドネイルのチップボードに比べたら、フットサンプルが少なく、ハンドは売れるから、ハンドばかりサンプルを作っていました。これではフットは売れませんよね。。もっとお客様に喜んで頂けるサンプル作りをし、POPやSNSで宣伝していきたいと思っています。また、夏しかフットネイルをしないお客様へのアプローチが足りていませんでした。。こちらのアンケートを利用し、お客様の声に耳を傾け、年間を通してフットネイルをして頂く事のメリットを明確にし、お客様に伝えていきたいと思います。

ーーー

フットネイルの、押し売りにならないような、お薦めの仕方が分からない。

ーーー

サンプルが少ない。お客様の足の臭いが気になる。

ーーー

ハンド1カラーとフット1カラーの料金が違うのは何故ですか?と聞かれる事

ーーー

 夏前にフットオススメしたけど、爪の形が辺だから、梅雨明けの頃でいいわと言われましたなかなかお声かけは難しい

ーーー

トラブルネイルの症例の複雑さ。勉強した症例と少し違う場合の対処法が、正解なのかわからない。

ーーー

 夏だけに集中してしまう、リピートが続かない

ーーー

少しずつフットの良さが伝わっていますが、一般的にネイルサロン=手のデザインネイルという感覚があり、フットのネイルケアや足裏ケアがネイルサロンでできることが知られていない。

ーーー

ご来店されたお客様には、そろそろ足のお手入れしないとですよね〜というお話はちらっとはしているのですが、足を出すのが恥ずかしいと言われることが多く中々予約に繋がりません。それを綺麗にするのが私たちのお仕事ですよ〜といっても笑って終わり、となります。中には足にまでお金をかけるなんて贅沢なという方もちらほらいらっしゃって、上手く話を続けていけずにいます。

ーーー

水虫の疑いがある方にお伝えした場合→治って連絡下さる方も多い中恥ずかしい。。。と連絡が無くなってしまう方がいらっしゃいます。水虫は女性でもかなりの方がなるものでこちらとしては決して恥ずかしい事ではないと思っていても指摘されたことが恥ずかしいと感じる方も一定数いらっしゃり・・・どうお伝えするのがお客様にいいのか悩んでいます

ーーー



このような内容で、ご相談を頂きました。


皆さんは、フットネイルの事で、何かお悩みの事はありませんか?


7月少しだけ無料個別相談募集します


一年中フットネイルが売れるようになるための「あなただけに電話無料アドバイス」

7月中に少しだけ時間が空きましたので、一年中フットネイルが売れるようになるための「あなただけに電話無料アドバイス」募集します。

「あなただけに電話無料アドバイス」ご希望の方は、こちらからお申し込みください。


先着10名さま限定です。



この無料相談で、この夏、フットネイルを爆発的に増やしませんか?








☆ 初めてこのブログをご覧頂くサロンオーナーさんへ、まずは、こちらの記事をご覧ください。