わたくし、以前は人よりちょっと多く、365日中24時間お着物を着ていたのです。

着物の着付け方というのは、序列があり、 最若手の私はいつも重い着物を衿を抜いて着付けて頂いておりました。 (衿を抜く=うなじを見せること)うなじと言ったら、それはもう思いきり素肌ですから、 風が吹くだけで、体が首と肩からすうっと冷えていくのです。 

加えて、着物を着ている時間は常に正座。何十時間でも正座。

 

いつしか無自覚性の慢性肩こりと、下半身を中心としたむくみと凝りを抱えた身体になっておりました。

そんな肩こり・むくみ・凝り・冷えとは、もう既に人生の共生関係にあり、今更どうこうしようとも思っていなかったのですが、 整体や指圧を受けに行くと、やはり「がちがちですね」と指摘を受けることがありますし、

美容院などで、そのがちがちの部分を力任せに揉まれたりすると 翌日必ず揉み返しが来るので、指圧やマッサージが痛いと仰る方のお気持ちもよく分かります。

安定期に入りお腹が大きくなってくると、子宮を守るように姿勢が前傾し、肩が内巻きになり、股関節周りの負荷によって、日々肩も腰も重だるくなってくるのを感じました。

 

腰痛も本格化してきた頃、技術も知識もあり、安心して心と身体をお任せできる方のマタニティエステに出会えたら良いのにと思っていました。

そんな中、運命的に出会うことのできた施術が、桃山れもんさんです!

れもんさんのテクニックは、ファーストタッチで体に触れただけで、姿勢や冷えを的確に指摘して下さり、 優しくあたたかく心地よく揉みほぐして下さいます。

「平熱が37℃」と仰るれもんさんの暖かい手によって、もともと冷え性だと思っていた手足までもが緩められて、足湯をするほど冷え切っていたはずの体が南国へトリップしたようなあたたかさ!

絶望的な腰痛と、肩のこりが一切消え去っていて、撫肩気味だった肩幅がしっかり広がって小顔に見えて、1日の終わりにパンプスを履いていた足が一回り細く締まっていました。

そして、両方のお尻からは、それぞれハムスター一匹分くらいのお肉が消え去っていました…あれ、どこ行っちゃったの?

普段眠らないはずのフェイシャルエステでは、あまりの心地よさに思わず寝落ちしてしまい、目を覚ます頃には目や鼻筋・フェイスラインがメイク後のようにしゅっと整っていました。

 

もう、「すごい!さすが!」の一言!!!

 

今まで、機械を使ったエステの施術では、同様の効果を感じたことはあっても、オールハンドでここまで効果が出たのは生まれて初めての体験です。

体だけでなく心もほっこり幸せにあたためてくれる、れもんエステ。あたたかくて真面目なお人柄、誰かを真摯に思う気持ち、温かくて大きな手、楽しそうに施術するところ…大好きです。

以前からお人柄は存じ上げていたはずなのに、マタニティエステを施術していただいてから、益々れもんさんの熱狂的ファンになってしまいました!

大切なイベントの前に
月に一度のスペシャルケアに
一世一代の勝負日の前日に
そして、マタニティエステに
全力でオススメさせていただきます!!!



れもんさんのマタニティエステを受けるためには、要事前相談が必須です。
「ご懐妊前の施術を行ったことのある事のある方はそのままご案内を、
ご懐妊なさってから、初めて施術を希望される方には、事前にご相談をいただこうと思っております」とのこと。

そして私は初回のマタニティエステが終わってすぐ「妊娠中は週に一度、必ずお世話になろう」とかたく心に誓ったのでした…!

 

 

 

 

 

【 サロンことら 】
 
初めてのお客様のご予約はこちらから
 
お問い合わせは、LINE「@mad9182e」までお申し付けくださいませ✉️
 
各SNSはこちらから💁‍♀️