投稿写真

大の大人が、しかも、紳士淑女が

涙を零す姿を見たことはありますか?

私は施術中に、少なくとも100回は見守っているように思います。

お客様にいつもお伝えしているのは 「私のお仕事は、お母さんの「いたいのいたいのとんでけ」だと思っています」ということ。 

「母以外に、こんなに人に優しくしてもらったのは、何十年ぶりだろう」 

「家族以外の誰かに、こんなに優しくされたことは、今までの人生で一度もなかった」

「小さい頃の記憶と、母親を思い出した」 「祖母の手を思い出した」

お客様は、本気で体がしんどかったら、保険適応の接骨院や整形外科を、そしてクイックマッサージやいつでも何度でも足をはこべる整体を選ぶことができる。

でもその中で、決して安くもなく(施術料金が宿泊料の何倍も越えることすらあります)

時間もお金もかかる、私のサービスを選んで下さるお客様は、お体の疲れというよりは、心の疲れを抱えている方が多い。


なんだか眠れなくて。

ゴルフや接待で気疲れしてしまって。

家庭や職場には、自分の休まる場所がなくて。

出張先で話し相手もいないから、お喋り相手になって。

心身ともにお疲れの方達ばかりだから

いくら素晴らしい技術があっても、人の手の温もりを、あたたかさを、愛を伝えられなかったら、意味がないのです。

世界は愛で回っている。



【 サロンことら 】

初めてのお客様のご予約はこちらから
 
お問い合わせは、LINE「@mad9182e」までお申し付けくださいませ✉️

各SNSはこちらから💁‍♀️