もみじ台各自治会老々、独居世帯等の見守りと避難誘導活動規定(案) | NPO法人もみじ台あえーる 活動ブログ

NPO法人もみじ台あえーる 活動ブログ

北海道札幌市厚別区にある
NPO法人もみじ台あえーるです。

少子、高齢、独居家庭、孤立死の問題を考え
生きがいとふれあい、絆を大切にする
「まちづくり、まち育て」を目指します。

検討案

もみじ台各自治会老々、独居、介護世帯等の見守りと避難誘導活動規定〔案〕

(目的)
第1条この規定は地域における老々、独居、介護世帯など日常生活に支障のある家庭に対する見守りや声かけなどの活動(以下「見守り活動」)という)を行い、安否を日常的に確認し、異常を発見したときに迅速に対応出来る体制を確保することにより、独居家庭、高齢者が住みなれた地域で安心して、自立した生活を継続出来るよう支援するとともに災害発生時における救助,避難、誘導などの支援することを目的とする。
(対象者)
第2条
 この規定の対象者(以下「対象者」という)とは、もみじ台地域に居住する会員のうち、次の各号に該当し、本人が承諾した世帯を対象とします。
(1)65歳以上で一人暮らしの世帯
(2)70歳以上の高齢者のみで構成される世帯
(3)その他、日常生活に支障をきたす不健康者や引きこもり世帯などで活動部長が見守り活動を必要と認めた世帯
 (見守り活動員の構成)
第3条見守り活動は、次の見守り活動員(以下「活動員」という)と活動協力員をもって構成します。
(1)活動部長は各分会長が見守り活動の実践責任者として対応します。
(2)見守り実践班長は各班長(副班長も含む)が対応します。
(3)見守り活動協力員
実践班長が班別ふれあい会等で協議し、班員の中から健康で機能する方をボランテアして選考委任します。
 (見守り活動協力員の任期)
第4条活動員の任期は自治会で定める任期をもって任期期間とします。(再任を妨げない)
(見守り活動協力員の構成)
第5条
もみじ台地区に居住する20歳以上で見守り活動に協力できる方をボランテアとして実践班長が委嘱します。(実践班長、副班長の併任も可とします。)

2 実践班長は委嘱した見守り活動協力員氏名を班員に周知するとともに活動実体を活動部長に報告する。
3 活動部長は実践班長から報告を受け内容を吟味し、自治会長及び関係部長に連絡し、関係機関団体と連携する。
(活動内容)
第6条
見守り実践班長、及び見守り活動協力員は連携協力し、班のふれあい会及び日常のお付き合いから対象者など日常生活に支障のある家庭を把握し、これに対する見守りや声かけなどの活動を行う。
2活動部長、実践班長、見守り活動協力員は相互に連携し、積極的な声かけ、安否確認などを行う。
3緊急時及び災害発生時における対象者の避難、誘導の手順について事前の打ち合わせを行い、迅速な対応につとめる。
4民生委員、福祉委員会など関係団体と連携をはかる。
5前4号に掲げるもののほか、この規定の目的を達成するための必要な活動
 (守秘義務)
第5条この規定による関係者は第4条の活動により知り得た個人情報等をこの活動の目的以外に利用し、又他人に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

 (連絡会の開催)
第6条活動部長は本会の活動を円滑に行うため、実践班長会議を3ヶ月に1回以上  実践班長は見守り活動協力員とともに2ヶ月に1回以上、班別ふれあい会を開催し、相互の親睦と共有を図り、この規定による円滑な運用に努める。
 (活動予算)
第7条 この活動を推進するため、て札幌市の支援措置のもと、自治会として相応の予算付けを行うとともにNPO法人もみじ台あえーるとしても支援する、
 (活動員の表示)
第8条 活動員は指定した名札を玄関内の見やすい場所に掲示するとともに見回り活動に当たっては胸名札をして訪問目的を明示すること。

第9条
この規定は、平成27年 月  日から施行する


文責
もみじ台みなみ自治会3分会23版員
NPO法人もみじ台あえーる
理事  ナカムラ

NPO法人もみじ台あえーるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス