五感を刺激するおうち遊びで
どんな分野でも活躍できる応用力
バツグンの集中力がぐんぐん育つ!

輝きベビーインストラクター
吉武 りさ です。
初めましての方はこちら!

 

 

 

最近、このようなお悩みの
ご相談をいただくことが多いです。



「引っ込み思案で心配」
「慎重でなかなか行動しない」




幼稚園や習い事のお教室でも、
周りの子は積極的に活動しているのに

我が子はなかなか加わろうとしない。



そんな姿にヤキモキし、
「ほら、行っておいで!」
と一生懸命声をかける。



そのお気持ち、よーく分かります!



集団の場でなかなか
加わろうとしないと焦るし、




あまりに慎重だと
「この先大丈夫かしら?」と
心配になってしまいますよね。



ただ、慎重だからといって
意欲がないかというと、
全くそうではないんです!




意欲はみーんな
平等に持って生まれてきます。



ただ、行動に移すまでの
タイプがそれぞれあるだけ。



新しいことを目の前にしたとき、



何も考えずに行動できる子と、



頭の中でイメージし、
固まってから行動に移す子
といます。



なかなか踏み出そうとしないとき、
実は頭の中で一生懸命考えています。








おともだちが目の前でやっていることや、
これから自分がやろうとしている
ことをイメージし、



自分の中で「できる!」と
思ったときに行動に移します。




すぐに行動できるか、時間がかかるかは、
意欲のある、ないではありません。




意欲があるからこそじっくり観察し、
考え、イメージして行動に移そうと
しているのです。



そこに「行っておいで!」
など無理強いすると、
その活動自体を嫌いになってしまう
可能性があります。



お子さんは今の自分に必要なことや、
今のレベルでできることを
ちゃんと分かっています。




それを大人が無理にやらせる
必要はありません。



今やるべきことを決めるのは
大人ではなくお子さんです。




その時は興味なさそうに見えても、
実はちゃんと見ていて、
自分の中で「今だ!」という時に
やったりします。



ウジウジしているように見えたり、
意欲がないように見えたり
するかもしれませんが、



安心してお子さんのペースで
やらせてあげてくださいね
ニコニコ



ご相談いただいた方にも

そんな回答をしたら、



「そういうタイプなんだと念頭に

おくだけで、ゆったりした気持ちで

接することができそうです」



というお返事をいただきました。



この言葉が本当に嬉しかった!!!



なぜなら、それが私の
1番伝えたいことだから。




子どもの見方が変わると、
今までイライラや不安の種だったことが
気にならなくなります。




私はそれで本当に救われたし、

感動したからこそ、
たくさんのお母さんにこの感動を
味わってほしいと思うのです。



そのためにも、これからも
「子どもってこうなんだよ!」
ということを分かりやすくお伝え
できたらいいな、と思っています
キラキラ



今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました♡

 

 

 

『子どもの能力を伸ばしたい』
とつい頑張ってしまうお母さんへピンクハート



良かれと思ってやっているその行動が、


⚫︎指示待ちな子
⚫︎自己肯定感の低い子


にしてしまうことがあります。


でも、ちょっと意識するだけで

意欲と自信にあふれる子
になります。


そのための関わり方を、
モンテッソーリのエッセンスを
ぎゅっと詰め込んでLINE@にて
お伝えしています!



これを知ると 「子どもの見方」 が
180度変わります。 



あふれる情報に振り回される
“子育て難民”を卒業して、


子育ての軸をもち、


今日から子育ての質を
上げちゃいましょう!!


↓↓↓ご登録はこちら

友だち追加