2020年は、

多くの人が、コロナで大変な生活を送ったと思います。

 

中でも、今年の高校3年生にとっては、

様々な入試方式・変化の狭間にあって、

外部英語テスト受験などでも、すったもんだもあったし、

学校が休校になった期間も長くて、

苦労しているのだろう

と、気がかりでした。

 

そんな中、

数人の卒業生から、

「無事に○○大学に合格しました」と、

報告をもらいました。

 

うれしいことに、中には、

「『公立小学校の児童が、学校の授業で、英語を楽しく学べるような、英語の得意な小学校教諭』になる為に、この大学を選びました」

 

とか、

 

「得意な英語をさらに得意にするために、○○大学・英文学科に決めました」

 

などの報告があり、

 

*得意なものが英語

*英語を活かした仕事に就きたい

 

など、将来の目標や方向性を定め、

大学や学部を選んだ様子に、

みんな、しっかり自分の考えを持ち、

その夢に向かって邁進している様子がわかり、

教師冥利に尽きる~

超ハッピーなモーリーなのでしたラブラブラブ