「外へ」 2020.1.12 

 敷地に余裕があってもなくても

外との関係を少し考えるだけで

普段の生活感が違ってきます、、

 リビングに土間やウッドデッキ、

外部の視線制御も兼ねた屛や離れ、

併設した書斎や多目的空間、

 生活動線上に無理なく使える形で

併設すると、自然に人の集まる、

活用できる間取りになります、、

 大きな開口部や連続窓に

障子を設ければ、陰影があり

自然の移ろいも感じられる

特別な空間ができます、、

 参考文献:緑の家 エクスナレッジ出版

 クマの工務店/(有)熊野製作所 

 一級建築士が最初から最後まで専任担当 

 八戸市のフルオーダメイド建築工房 

 http://www.kumano-koubou.com/