「古色」 2019.9.7 

 住み継いできて外観も古く

時代に合わない間取や設備、様々な

故障も出てきている、、 地域に

シャッター街がふえ歩く人もまばら、、

 今やどこへ行っても目に付く風景、、

 家や周辺状況の古さを嘆くのではなく、

その場所にしかない価値を探し出す、、

 まずは家の中の清掃、整理から始め

周囲に点在する店舗や公園、街並みなど

そこにしかない雰囲気と生活感を見つける、、

 周囲の状況、雰囲気が分かれば、

それに呼応する生活様式を考える、どんな人、

どんな暮らし方、どんな住まいの改修、、

無理のない生活の全体像がみえれば、

やることの方向性が具体的に絞れます、、

 いきなりカフェを開店よりは余程リスクが小さい、、

 参考文献:なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか

  ブルースタジオ著 

  クマの工務店/(有)熊野製作所 

  一級建築士が最初から最後まで専任担当 

  八戸市のフルオーダーメイド注文住宅建築工房 

  http://www.kumano-koubou.com/