ものずき、、

テーマ:

 「材料」  

  躯体の材料には様々なモノが

使用されます 木材、鉄、コンクリート、、

内外共にその素材をそのまま見せる、、

内部は白を基調とした漆喰などで仕上げ

空間と差し込む光で独特の雰囲気を持たせる

  外部から見るとコンクリートの箱としか

みえず表面の模様付けで、あえて周囲とは

異質な存在とする、、素材感と造形美を

楽しむ、現代美術の中に暮らすという

感覚でしょうか たまに無理をして

自身の理解を超える建築を勉強したくて

この様な本を購入しますが、正直

分かりません 良い悪いをいう知識も

理解力も出てこないといったところです

 それでも造ってみたいとは思うのは

ものづくり好きのどうしようもないところ、、

 参考文献:NIZEKI STUDIO 新関謙一郎著

  クマの工務店/(有)熊野製作所  

  一級建築士が最初から最後まで専任担当 

  八戸市のフルオーダーメイド注文住宅建築工房 

  http://www.kumano-koubou.com/