まいすぺーす、、

テーマ:

 「座敷」 

  和室の中でも、少し格式のある

又は数寄屋に重きを置く場合、

この様な呼び方をするようです

 造作の形式にこだわる来客用の

和室、これに対して茶室などは

もっと格式にこだわるものと

思っていましたが違うようです

  本来は自分の趣味性と自由な発想を

良しとする部屋のことで、それを数寄といい、

数寄屋の語源となりました

  気の置けない親しい友人を招き

本音で語らう場所、、そんな場所が

茶室を設ける趣旨だったようです、、

 現代の書斎や趣味室、家事室なども

この様な考えで工夫すると面白いものに

なりそうです、、

 参考文献:和風住宅の基本を学ぶ本

クマの工務店/(有)熊野製作所

 一級建築士が最初から最後まで専任担当

 八戸市のフルオーダーメイド注文住宅建築工房

 http://www.kumano-koubou.com/