くうかんそうさ、、

テーマ:

 「広がり」 

 小さな家でも工夫次第で

日常生活の質を上げた間取と

することができます 回遊動線と

視線の抜けを創りだすことも

その一つ  水廻はキッチンを中心に

廻れる動線を短く配置、玄関から

直接いけるようにすると更に使い勝手

が上がります 階段下はトイレなどと

兼ねることで空間を無駄なく活用

 階段をスケルトンにして視線の

抜けによる開放感を得る場合は

上り下りの際の恐怖感が無いか

検討が必要です  居間などに

一部吹抜けや傾斜天井とすることも

広がりと上質感を出せる工夫です

 誰がどうやって清掃するのか

考える必要はありますが、、

 参考文献:建築知識2018.5月号

クマの工務店/(有)熊野製作所

 一級建築士が最初から最後まで専任担当

 八戸市のフルオーダーメイド注文住宅建築工房

 http://www.kumano-koubou.com/