ぎじゅつりょく、、

テーマ:

 「改変」 

 細胞の作り替え iPS細胞でも

ES細胞による作製でもない、たんぱく質を

使用して新たなiPS細胞を作り出す

複数の遺伝子を用いる現行方による

がん化を防げるのだそうです

かなり画期的な方法だと思うのですが

あまりメディアで騒がれないのは

例の件があるせいでしょうか

 リプログラミングと呼ばれるこれらの方法

今回の方法は3種類のたんぱく質を使い

遺伝子の発現、遺伝子への導き役、細胞への

導入役と続き必要な細胞を作製します

 世界の主流はES細胞を使用した研究が

盛んでiPS細胞を使用したものは少数派

になっている様子、、少し意外な印象を

受けますが、ここでもガラパゴス化は

避けてもらいたいところ、、

 参考文献:日経新聞2018.7.6

クマの工務店/(有)熊野製作所

 一級建築士が最初から最後まで専任担当

 八戸市のフルオーダーメイド注文住宅建築工房

 http://www.kumano-koubou.com/