くふうしだい、、

テーマ:

 「視線」 

 小規模な間取でも対角線に

視線を誘導することで、広がり感を

得られます 例えば畳の間、リビング

開口部と何らかの動線と絡めて

視線が遠くへ向かうよう配置すれば

自然に外部へ視線が向かい

狭苦しさを緩和できます

 周囲に建物があるような敷地でも

開口部から遠くを望めることで

実際以上に敷地や家自体が

広く感じられ圧迫感をやわらげられます

 窓を設ける際どうしても燐家の視線が

気になる場合は地窓のような地面に

視線が向くような開口を設け、植栽などを

配置すれば、坪庭を楽しめ窮屈な感じも

無くなります、、

 参考文献:伊礼智の小さな家 伊礼智著

クマの工務店/(有)熊野製作所

 一級建築士が最初から最後まで専任担当

 八戸市のフルオーダーメイド注文住宅建築工房

 http://www.kumano-koubou.com/