しぜん、、

テーマ:

 「組積造」 

 石を積み上げて作る構造体

アントニオ・ガウディといえば有機的な

建築物で有名ですが、構造の研究者

としても一流だったそうです アーチや

尖塔アーチでは不完全と考え

カテナリーアーチという構造を

推し進めた人です 天井から糸を垂らし

それに均衡するよう構造体を考え

それをひっくり返したものが、

力学上の均衡に優れ、千年単位で

構造物が存続できると考えたのです

 エンジニアリングに増資が深い反面

オリジナリティとは個性的ではなく

オリジンに帰ること、とも言っています

これがサグラダ・ファミリア聖堂などの

建築様式につながっているようです

 参考文献:構造デザイン講義 内藤廣著

クマの工務店/(有)熊野製作所

 一級建築士が最初から最後まで専任担当

 八戸市のフルオーダーメイド注文住宅建築工房

 http://www.kumano-koubou.com/