パパのスマホの容量が大きくなってしまい

「パソコンに、

データ移しておいてくれる~?」

とLINEで大量に動画を送ってきた

 

 私は

「こんなに長時間動画を大量に撮るから

容量パンクしちゃうんじゃ~んえー

 

 

と思いながら、一つ一つ見ていく

 

 

 

 

長男くんの運動会のとき

 

地区の文化祭のとき

 

お花見に行ったとき

 

長男くんが誕生日のとき

 

去年、草津温泉に行ったとき…

 

 

 

たくさんの家族の思い出。

 

 

 

 

動画を見るたびに、たくさんの思い出が

蘇ってくる

 

 

 

 

 

 

 

 

その次は…

 

 

 

 

 

つーちゃんが産まれた後すぐの動画…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は目を背けてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

場所は分娩室。

後ろでは、何のアラーム音かは、

分からないけど終始鳴り続けている

 

生まれたばかりで、

まだ血だらけのつーちゃんは、

左腕はタオルに包まれていて

見えないようになっている。

 

 

 

出産したばかりの母親に対して

ショックがないようにとの

助産師さんからの配慮だろう

 

 

つーちゃんがあくびをすると

「フフフッ、可愛い〜ラブ

動画を撮影しているパパの声が入っていた

 

 

 

 

 

 

この動画を撮った数時間後、

分娩室で私は、つーちゃんの障害を聞き

真っ暗闇に落とされることになる

 

 

 

 

 

 

 

実は、この動画を見るのは久しぶり。

 

 

 

NICUにまだつーちゃんが入院していて、

母子同室になる前にパパが見せてくれて、

それ以来見ていない。

 

 

3か月ぶりに動画を見て、

とても胸が苦しくて辛い気持ちになった。

 

 

入院していた時のあの辛い気持ちを

思い出した

 

 

 

 

 

長男の出産した後すぐに撮影した動画は、

何度も何度も見た。

 

とても可愛くて嬉しくて幸せで。

それこそ産まれて何年経っても

何度見ても飽きない。

今はこんなに大きくなったんだなぁって

感慨深く考えることもある。

 

 

 

カメラがブレブレでパパに

「もぉ〜!ちゃんと撮影してよ~おーっ!

と後で怒ったことも、今はいい思い出。

 

 

 

 

でも、つーちゃんを出産した後の動画は違う

 

 

 

 

 

 

胸の奥がギュッと締め付けられる。

 

 

 

 

 

この気持ちは、

パパには理解してもらえなかった。

 

 

犬しっぽ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬あたまクマムシくんクマムシくんクマムシくん

 

 

私たち家族が集まるリビングには

1枚の写真が飾られている

 

 

 

つーちゃんを出産した病院の病室で

パパと私とつーちゃん

3人で撮影した写真。

 

 

 

 

病院側がお祝いということで、

出産したみなさんに対して

行っている撮影サービスの写真だ

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

つーちゃんはパパが抱っこして

私たち夫婦は、笑って写っている。

 

 

 

側から見れば、

幸せいっぱいな一枚の写真。

 

 

 

 

 

 

でも実は、この写真を撮る少し前まで、

私は泣いていた。

 

 

 

涙をふいて、無理やり笑顔を作って写った。

 

 

 

 

 

このリビングに飾られている

写真を見るたびに入院中に

辛かった気持ちを思い出す

 

 

 

 

 

 

今は少しずつ前を向いているけど

またこの写真を見るたびに、

「あのとき、こういう気持ちだったな」

というのは、ずっと忘れることはないと思う

 

 

 


つーちゃんや家族と写真を

たくさん撮って

これからも、嬉しい思い出を

たくさん刻んでいきたいと思う。