紺屋乃加藤 とかげ(黒)

テーマ:

1月に静岡まで日帰り手ぬぐい旅をしてきました。

お目当てはレプタイルズショーという日本最大の爬虫類展示即売会です。

私自身爬虫類関係は嫌いでもないけど買うほどじゃないぞー

という感じなのですが、このイベントに何故か紺屋乃加藤さんが

出展しているということでそれを目指して行ってきました。

 

開場30分後くらいに会場に入ったのですが既に人がたくさん!

爬虫類だけじゃなくて猛禽類もいて釘付けでした。

それはさておき。

加藤さんのブースへ。お目当ての銀河シリーズを確保しつつ

注染の話をじっくり聞いてきました。

やっぱり職人さんにお話を聞くのは為になります。

そして。今回買う予定はなかったのに買ってしまった

手ぬぐいがこちら!

トカゲ柄なんですけどね。

これ、てっきり黒クレアを抜染してベージュ色を入れたんだと

思ったんですけど実はこのベージュ色薬品で抜染しながら水をいれて

色の抜け具合を調整してできた色なんです。スゲー(@_@;)

だから抜染でありがちな色と色の間に白い隙間がない。

尻尾の黒い部分は地の色だから違和感がないわけ。

この技法の話を聞いて「追加で買います」と即座に言ってしまいました。

注染ホント奥が深いなー。

 

その他聞いた話はまた機会があれば書きたいとおもいまーす。

 

 

AD

無印良品の注染手ぬぐい

テーマ:

ただいま無印良品さんがちょうどセールしてたりするので
無印良品の手ぬぐいについて書いてみますよ~

 

 

無印良品の手ぬぐい実は5種類も展開されてました。
東京駅のKITTEにあるMUJI to GO KITTE 丸の内でも
イベントが開かれていた模様。
↓そのイベントについてのHP 

手ぬぐい全種類の写真も確認できます。
http://www.muji.com/jp/events/1937/


展開してしばらくは展開店舗が限られていて、私も最初の1枚は
わざわざこのKITTE内まで買いにいった気がします。
その後気がつけば普通の店舗にも在庫されてたので
良品週間期間を狙って買い足しなどしてましたです。

無印良品の手ぬぐい仕様は以下のとおり
サイズ 35×90cm (岡生地)
注染・総柄1色(色によってはクレアかも)
定価 1500円(税込)
正直総柄1色染めでこの値段かよ!
という気がしなくもないのですけど。
そして商品取り扱いの布タグを廃止してほしい~
海外展開している関係で必要なのかもしれませんが
手ぬぐいとしてはビミョー。邪魔だよー!

 

手ぬぐいのデザイン自体は飽きがこなくて使う人を選ばないのが 
無印良品らしくシンプルで好きです。
カラフルな手ぬぐいが溢れている今、地味で面白みがないかもしれないけど。


そうそう。こないだ有楽町の無印良品にいったら
上の5種類以外の柄もありました。これは値引きシール付き。
検索しても出てこないのでこれは店舗限定で販売していたのかな。

 

こういう店舗を全国展開する大手メーカーさんが敢えてプリントではなく
注染で商品展開してくれるというのは他のショップさんが
続いてくれるかも!という期待も込めて支持したいところです。
そもそも無印良品さんは注染手ぬぐいは今回初ではなく
(調べたらグレーの2種類は2014年から展開されてた模様)
お正月に販売している福袋や福缶にプリントの手ぬぐい入れてたりするので
社内に手ぬぐい好きがいるにちがいない!と思ってます。
ぜひ手ぬぐいの通年定番化をお願いいたしますっ!

AD

かまわぬ しだれ梅 桃

テーマ:
しだれ梅

1月のかまわぬ代官山店での蔵出し市で購入。
この色は今年廃盤になっていて色替えで紫が出ています。
色替えで店頭で額装されているのを見て
「わあーなんでこれまだ買ってなかったんだろ!」と思い
廃盤になったこの色を慌てて探し求めていたのでした。

かまわぬは限定が結構出るので
どうしてもそちらを追うことが多くて
定番柄までなかなか手が回ってなかったりするんですよね。
そしてカタログ落ちして慌てるという流れ。
懲りないなあw
AD