劇場鑑賞



解説
類い稀な推理力で難事件を解決に導く刑事を主人公にした、東野圭吾の
人気ミステリー小説を映像化した『新参者』シリーズの完結編。
謎に包まれた殺人事件の捜査線上にある女性演出家が浮上したことで、
主人公・加賀の母が失踪した理由や父との不和、加賀自身の過去が明か
される。
主演の阿部寛をはじめ溝端淳平、田中麗奈、山崎努らレギュラー陣が続投し、
新キャストとして松嶋菜々子、伊藤蘭、小日向文世らが参加。テレビドラマ
「半沢直樹」などの演出を務めた福澤克雄がメガホンを取る。

あらすじ
滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査
一課の刑事たちが担当するが、捜査は難航する。
やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、
近くで発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の
橋の名が記されていることを発見する。
そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……。

加賀恭一郎シリーズ最終章ということですが、原作を読んでからの鑑賞。

親子の情愛をたっぷりと描いていて、感動させられる内容に仕上がって

ました。

小日向文世のお父さん役がいいね。

この親子の絆といえば、名作「砂の器」に通じるものがこの映画にも

ありました。

あの映画を彷彿とさせる親子の逃避行に、東野圭吾の謎解きがうまく

絡まった内容でした。

これで終わるのは惜しいですね。

なんらかの形でまた上映してほしいシリーズです。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村