DVD鑑賞


解説
マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、
数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。
ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおい
の世話をしつつ自身が抱える過去のトラウマと向き合う姿が描かれる。
メガホンを取るのは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの脚本を担当
してきたケネス・ロナーガン。
共演には『ブルーバレンタイン』などのミシェル・ウィリアムズ、『ウルフ・
オブ・ウォールストリート』などのカイル・チャンドラーらが名を連ねる。


あらすじ
ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、
兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・
バイ・ザ・シーに戻ってくる。
兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・
ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留
まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

ぶっきらぼうなリー(ケイシー・アフレック)はボストンで便利屋の仕事を

していた。その時、兄ジョー(カイル・チャンドラー)が亡くなり、急遽、

故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻り、兄の葬儀までを取り仕切る

ことになった。

兄の遺言でおいの後見人に指定されたが、無理と拒否する。

兄の埋葬が終わるまでの間は、おいの面倒を見ることになるが、リーの

過去がシンクロしながら映画はすすんでいく。

リーの過去にあった出来事は想像を絶するものであった。

自分のミスだとはいえ、失うものがあまりにも多く、今のリーの姿が

よくわかる。

そして冬のマンチェスター・バイ・ザ・シーの風景と今のリーの心が

マッチしてて、哀しくなる。

そしてリーの元妻を演じるミシェル・ウィリアムズとケイシー・アフレック

のラストのやりとりが絶妙であった。

ラスト、リーが故郷を去る時に言った言葉が胸に刺さる。

「悲しみが深すぎて、とても乗り越えられないから」と。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村